更新日:2020年5月26日

ここから本文です。

デイケアのご案内

精神科デイケアとは?

こころの病気の回復促進・再発予防を目的とした外来治療の一つです。人間関係を学んだり、体力をつけたり、生活リズムを整えたりできます。仲間やスタッフとのさまざまな活動を通して、楽しみや時には悩みも分かち合いながら、その人らしい安定した社会生活が送れることを目指します。


精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)のデイケアには、目的に応じて2つのコースがあります。

各コースの月別活動予定表

就労支援・社会参加コースについて

「就労支援・社会参加コース」では、就労を含む社会復帰・社会参加を目指したリハビリテーションを行っています。これまでの生活習慣を見直し、同じような悩みを抱えた仲間と一緒に、人との上手な付き合い方や、今後の社会参加に必要な知識などを学びます。

例えばこんな方に・・・

  • 活動する場所が欲しい方
  • 同じ病気を持つ仲間と交流したい方
  • 就労やこれからの目標に向けて準備をしたい方
  • 生活のリズムを整えたい方

コース概要

  • 対象者
    仙台市内にお住まいがあり、精神科・心療内科で通院治療を受けている、15歳から45歳までの方
    ※ただし、中学校に在籍している方は含まれません。
  • 実施日時
    週4日(月曜・火曜・木曜・金曜)※年末年始・祝日等は休み
    9時30分から15時30分まで
  • 通所期間
    原則1年ですが、必要に応じて更新できます。
  • 利用料
    デイケア通所料として、再診料+デイケア料がかかります。
    ※各種健康保険及び自立支援医療を適用できます。

 プログラム構成

  • クラブ活動:体力作りや集中力・持続力の向上を目的に、創作、スポーツ、音楽等の活動を行います。
  • 料理:簡単な調理の方法を身に付けることができ、食生活の見直しにも役立ちます。
  • ステップアップ講座:就労や日常生活に役立つ知識や技術を身につけます。
  • セルフサポート塾(心理教育):病気との付き合い方やメンタルヘルス向上の方法等について考えます。
  • コミュニケーション:ロールプレイやゲームを通して、より良いコミュニケーションスキルを身につけます。
  • ゼミナール:リラクゼーションやストレス解消、体力づくりの方法を知る機会として、外来講師による講習を行います。
  • 年間行事:野外活動や宿泊訓練、デイケア祭等の行事があります。
  • 個別面接:普段の生活についての相談やデイケアでの目標について話し合います。

 

※月別の活動予定表はこちら→「就労支援・社会参加コース 6月の活動予定表」(PDF:271KB)

 

ご家族に向けたサポート

通所者のご家族を対象に、2か月に1回、家族懇談会を開催しております。
ご家族同士の交流や病気の理解を深めるのに役立つ内容です。
また、ご家族との連携を密にできるよう個別相談も実施しております。

通所の流れ

  1. お問い合わせ
  2. 見学
  3. 主治医との相談
  4. 通所申し込み・主治医からの紹介状の提出(紹介状は既定の様式があります)
  5. 初回面接・当センター医師の診察
  6. 体験通所(4日間)
  7. 通所の可否について判定会議
  8. 通所開始
  9. 中間診察(通所から半年)
  10. 更新診察(通所から1年)または終了診察

リワーク準備コース

「リワーク準備コース」では、うつ病のために仕事を休職されている方を対象に、復職を目指すリハビリテーションを行っています。病状は回復しつつあるものの、復職まで至っていない方が、一歩踏み出すためのデイケアです。

例えばこんな方に・・・

  • 休職中で日中活動の場が欲しい方
  • ならし勤務にはまだ自信がない方
  • 復職に向けて体力をつけたい方

コース概要

  • 対象者
    仙台市内にお住まいがあり、うつ病またはうつ状態で精神科・心療内科に通院中で、仕事を休職中の方
  • 実施日時
    週2日(月曜・木曜)※年末年始・祝日等は休み
    9時30分から15時30分まで
  • 通所期間
    原則4か月間(32回)
  • 利用料
    デイケア利用料として、再診料+デイケア料がかかります。
    ※各種健康保険及び自立支援医療を適用できます。

 プログラム構成

  • 心理教育:精神科医の講話を中心に、うつ病への理解を深め病気への対処を学びます。
  • 集団認知行動療法:自分の考え方の癖を理解し、より適切な考え方や受け止め方ができるよう、グループで考えます。
  • コミュニケーション:自分の気持ちや意見を上手に人に伝え、人とのコミュニケーションをよりよいものにする方法を学びます。
  • 復職プラン作り:職場復帰や再発予防について対策をまとめ、復職に向けてのリハビリプランを作成します。
  • セルフケア:自身のストレスについて振り返り、その対処法やよりよい働き方について考えていきます。
  • その他:ひとつのテーマに沿って自分の意見を発表する時間、リラックス法を学ぶ時間、スポーツ、個別面接等もあります。

 

※月別の活動予定表はこちら→「リワーク準備コース 6月の活動予定表」(PDF:80KB)

 

OB支援

リワーク準備コースを終了した方を対象に、仕事や病気の付き合い方などについて情報交換ができる交流の場として、年2回OB会を開催しています。

通所の流れ

  1. お問い合わせ(説明)
  2. 主治医との相談
  3. 通所申し込み・主治医からの紹介状の提出(紹介状は規定の様式があります)
  4. 初回面接・当センター医師の診察
  5. 体験通所(2日間)
  6. 通所の可否について判定会議
  7. 通所開始
  8. 終了診察

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市青葉区荒巻字三居沢1-6

電話番号:022-265-2305

ファクス:022-265-2190