更新日:2017年11月16日

ここから本文です。

「災害時メンタルヘルス研修会」のご案内

研修について

東日本大震災から7年近い歳月が経過しています。
仙台市においては被災した方々の復興公営住宅への入居も完了するなど、生活再建期は終盤を迎えたように見えます。
しかしながら、被災者間の「はさみ状格差」は拡大・固定してきており、被災者に対する長期的な個別支援の継続とともに、被災者を支えるコミュニティ形成支援の大切さが明らかになっています。
今回の研修では「地域づくりと心の健康」に焦点を当て、震災が被災された方々に現在もどのような影響を与え続けているのか、地域づくりを含めた、これからの被災者支援の可能性について学びます。

日時

平成29年12月21日 木曜日 13時半から16時半(受付開始13時から)

会場

仙台市障害者総合支援センター(ウェルポートせんだい) 研修室1
住所:仙台市泉区泉中央2丁目24-1

※公共交通機関をご利用ください。

内容および講師

  1. 講演:「被災者支援における地域づくりと心の健康」
    講師:東北大学大学院 医学系研究科 公衆衛生学分野 教授 辻 一郎 先生
  2. グループワーク

対象・定員

仙台市内の関係機関において被災者と関わる職員および仙台市職員 60名

申し込み方法

研修参加申込書をEメール郵送にて送付ください。
提出締切:平成29年12月14日 木曜日

  • Eメールアドレス:heartport_kensyu@city.sendai.jp
  • 郵送先住所:983-0836 仙台市宮城野区幸町3-12-1 
    仙台市精神保健福祉総合センター「災害時メンタルヘルス研修会担当あて」

※受講についての決定通知はいたしませんのでご了承ください。
※受講希望者多数により、人数の調整をさせていただく場合のみご連絡いたします。

平成29年度災害時メンタルヘルス研修案内(PDF:246KB)

研修参加申込書(ワード:43KB)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市宮城野区幸町3-12-1

電話番号:022-265-2191