現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 生活に困ったとき > 住民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給します > 配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難されている方へ

更新日:2022年1月25日

ここから本文です。

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難されている方へ

基準日(令和3年12月10日)時点(家計急変世帯においては申請日時点)において、配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難しており、現在お住まいのところに住民票を移していない方でも、以下のいずれかの要件に該当している場合、手続きをしていただくことで、現在のお住まいの市区町村から、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金等の申請・受給をすることができます。

対象となる「配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方」の要件

  1. 申出者の配偶者に対して保護命令が出されていること
  2. 婦人相談所等による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力相談支援センター、福祉事務所、市町村、行政機関と連携してDV被害者支援を行っている民間支援団体の確認書が発行されていること
  3. 基準日の翌日以降に住民票が居住市町村へ移され、支援措置の対象となっていること

必要な手続きについて

1 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金等に係る配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している旨の申出書(添付書類)の提出

申出書に上記要件が確認できる書類を添付して、下記に郵送してください。

申出書様式(PDF)はこちらからダウンロードしてください。(PDF:561KB)

※申出書は、お住まいの区役所・総合支所でも入手できます。

※DVを事由として児童手当が認定されていることにより、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付の支給を受けた方については、申出書のみの提出で、添付書類は省略できます。「申出書の措置等の種類の記載欄、4.その他」にその旨を記入してください。

上記要件が確認できる書類の例(添付書類の例)

配偶者に対する保護命令決定書の謄本、婦人相談所・配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書、確認書

なお、上記要件3に該当する場合は、添付書類は不要です。

郵送先

〒980-8671 (住所記入不要)仙台市健康福祉局社会課あて

手続き期間について

住民税非課税世帯への臨時特別給付金の申請期限は、5月31日(火曜日)、家計急変世帯への臨時特別給付金の申請期限は、9月30日(金曜日)までとなっております。給付金の申請書は、申出書の確認後に仙台市から郵送しますので、給付金の申請期限に間に合うよう、お早目のお手続きをお願いいたします。

2 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金等の申請書の提出について

仙台市にて申出書を確認のうえ、申出書の「申請する給付金の区分」にチェックが入っている方の給付金の申請書を、仙台市から郵送しますので、申請書が届きましたら、必要事項をご記入の上、書類を添付して、同封の返信用封筒にてご返送ください。住民税非課税世帯等臨時特別給付金の支給要件や申請方法については、住民税非課税世帯等臨時特別給付金等のページを確認してください。

上記のDVの申出をした方については、給付金の申請は、家計急変世帯の方も含めて、仙台市から郵送した申請書で申請を行ってください。

相談窓口

証明書・確認書の発行にあたっては、配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難をしている事実を確認する必要があるので、関係機関への事前相談が必要です。まずは、今お住いの区役所・総合支所にご相談ください。

なお、住民税非課税世帯等への臨時特別給付金についてのお問い合わせは、専用ダイヤル0120-489-048へお願いいたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

仙台市臨時特別給付金等事務センター
仙台市青葉区一番町4-7-17 SS仙台ビル9階