更新日:2019年4月22日

ここから本文です。

災害時におけるトイレについて

災害時におけるトイレについて

 仙台市では、災害時に水洗トイレが使えなくなった場合に備え、各指定避難所に「携帯型簡易トイレ」と「簡易組立トイレ」を備蓄しています。

携帯型簡易トイレ

 簡易組立トイレが設置されるまでの間に使用することを想定しています。各指定避難所に300枚備蓄しています。洋式トイレにセットして、使用後はごみとして処分します。

 全景

  全景

 開いたところ

  開いたところ

 

簡易組立トイレ

 各指定避難所に和式2基、洋式3基の計5基を備蓄しています。組立マニュアルを用い、どなたでも組み立てられます。

組立トイレ

 メーカーが製作した組立方法の動画もございます。詳細はリンク先をご覧ください。

 組立方法動画(外部サイトへリンク)

 

仮設トイレ

 災害時の応急トイレ対策(携帯型簡易トイレや簡易組立トイレだけでは足りない場合等)として、仮設トイレのレンタル業を営む事業者の方と、災害発生時に市の要請に基づき優先的に仮設トイレを供給、設置いただく協定を締結しています。

 

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8231

ファクス:022-214-8840