現在位置
トップページ>
学ぶ・楽しむ・活動する>
男女共同参画>
男女共同参画>
DV・性暴力防止啓発リーフレット>
デートDVを知ろう

デートDVを知ろう

タイトルデートDVを知ろう

こんな関係ってどうなのよ?






















このページのトップへ戻る

説明します!それはデートDV(恋人からの暴力)です!

精神的暴力

侮辱、脅迫、孤立させる、すべて責任転嫁し、行動を支配するという暴力です。
たとえ言葉だけでも、長く続くとゆううつになり、眠れなくなり、食欲がなくなります。受診しましょう。

身体的暴力

あざや、傷がつくような、力ずくの支配です。一度でもこのような経験をすると、殴るふりや、乱暴にドアを閉められるだけでも、強い恐怖を感じます。
身体に傷を負わせるのは、暴行罪、傷害罪という犯罪です。訴えるには、病院を受診する、写真で記録することが重要です。

経済的暴力

いつか返すはず…そう期待しているうち、貯金が消えて借金は増えていきます。
あなたの名義の借金は、あなたの負債。早く相談を。

性的暴力

深く心が傷つき、そして、相談しにくいのが、性のことです。
嫌がるのに行う性行為は強制わいせつ、強姦という犯罪です。妊娠から準備がないままの結婚・出産は、DV(配偶者間の暴力)へと進行し、子どもを巻き込む深刻な状況に発展しやすいのです。
相手任せの避妊はとても危険です。

あきらめることはありません。

講師イラスト

あなたがつらいと思うことは、DVです。
すべての暴力に対して対策があります。
専門窓口に相談するところから、解決の一歩が始まります。

このページのトップへ戻る

デートDVそんなにあるの?

女性イラストA

内閣府男女共同参画局調査(26年度)では、交際相手がいた人のうち、交際相手から身体的暴行、心理的攻撃、経済的圧迫、性的強要のいずれかを受けたのは約15%。
女性は5人に1人、男性は10人に1人でした。
仙台市調査(20年度)では、DVを受けたことのある人のうち4人に1人に交際中から被害がありました。

このページのトップへ戻る

別れたいけど…怖い

別れる時が一番危険です。
配偶者間では3日~4日に1件、女性が殺人事件の被害者になっています。(警察庁統計「平成25年の犯罪情勢」)
デートDV(恋人間)での殺人事件の統計はありませんが、頻繁に事件が起きています。
「事を荒立てないで、穏便に別れたい」と思っても、相手が簡単にあきらめないことが多いのです。
ですから専門の人々に入ってもらい、暴力から逃れる必要があります。

専門の人警察、弁護士、医師

専門の人とは、警察(生活安全課)、弁護士、医師などです。
まず、暴力についての相談窓口に電話しましょう。
きっと解決の糸口が見つかります。

このページのトップへ戻る

それでもつきまとわれたら…

大丈夫、ストーカー規制法があります。

「つきまとい」とは…
女性イラストB

ア)つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
イ)監視していると告げる行為
ウ)面会・交際の要求
エ)乱暴な言動(「バカヤロー」と粗野な言葉を浴びせることや、家の前でクラクションを鳴らす)
オ)無言電話、連続した電話、ファクシミリ、電子メール
カ)汚物などの送付(汚物や動物の死体など、不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送り付ける)
キ)名誉を傷つける(中傷したり名誉を傷つけるような内容を告げたり文書などを届ける)
ク)性的しゅう恥心の侵害(わいせつな写真などを自宅に送り付けたり、電話や手紙で卑劣な言葉を告げる)

被害者の申し出により、警察が警告を出すこともあります。警告に従わない場合は、禁止命令を出すこともあります。
違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。
また、相手を告訴して処罰を求めることができます。6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
このような法律は、もちろん、男性だけではなく女性にも適用されます。
また、お互いに未成年でも対象となります。

家や学校、職場に来たら…

無理やり家に入ってきたり、職場におしかけてきて立ち去らない場合は、住居侵入罪などの犯罪になることもあります。
たとえ、家に入らずに騒いでも、不安や恐怖を感じたら、ためらわず110番し警察に相談しましょう。

このページのトップへ戻る

わたしにも…があって…

女性イラストC

高価なプレゼントを受け取っていたり、お金を借りていたりすると、離れるのは難しいと思っている人もいます。しかし、だからといって暴力を受けて良い人はいません。
経済的問題は、弁護士に相談し、清算し解決する方法があります。借金を負わされている時も、弁護士に相談しましょう。
関係を続けていても、あなたの経済的困難は深まるだけではないですか。

このページのトップへ戻る

でも、やさしい時もあるんです

女性イラストD

もちろん、そうでしょう。あなたが好きになった相手ですからね。
暴力の後に、反省したり、優しい言葉で引止める時期があります。
しかし、その暴力はひどくなっていませんか。DVには、暴力のサイクルという特徴があります。

暴力のサイクル
暴力のサイクル図

サイクルは次第に回転が速くなり、暴力は激しくなる傾向があります。被害者が暴力の加害者を変えることは、難しいです。

このページのトップへ戻る

今あなたの恋は健康ですか?

女性イラストE

恋人との付き合いが健全であると、人生が豊かになり、人間関係も広がり、幸せ感が増します。
反対に、家族や友人に話せないことが増えていく、心が晴れない状態が続く関係は、あなたにとって、
“健康な関係”ではないといえます。
また、お付き合いには「マナー」があります。
「相手の心と体を傷つけない」
「望まない妊娠をしない、させない」ことです。

男女イラストA

デートDVは相手の心と体を傷つけます。
暴力はいかなる理由があっても許されないことです。
もしかしたらあなたが受けているのは犯罪かもしれません。
あなたがイヤだと思うことは、NO!と言ってもいいのです。
マナーをお互いに守る、つまり人権を尊重することで“健康な恋”が生まれます。

このページのトップへ戻る

相談窓口

男女イラストB
相談窓口一覧(※祝日及び年末年始を除く)
相談窓口 電話番号 受付時間
仙台市男女共同参画推進センター
エル・ソーラ仙台 相談支援係
022-268-8302 面接相談予約
(月曜・水曜~土曜)9時~17時
(火曜)9時~21時
022-224-8702 電話相談専用
(月曜・水曜~土曜)9時~15時30分
月2回程度の休館日を除く※
仙台市「女性への暴力相談電話」 022-268-5145 (月曜・水曜~金曜)9時~17時※
(火曜)9時~19時※
宮城県女性相談センター
(配偶者暴力相談支援センター)
022-256-0965 (月曜~金曜)8時30分~17時※
宮城県警察「性犯罪被害相談電話」 022-221-7198 (月曜~金曜)9時~17時45分※
特定非営利活動法人ハーティ仙台 022-274-1885 (月曜~金曜)13時30分~16時30分※
(第1~第4火曜)18時30分~21時※
各警察署生活安全課
仙台中央署 022-222-7171(代)  
仙台南署 022-246-7171(代)  
仙台北署 022-233-7171(代)  
仙台東署 022-231-7171(代)  
泉署 022-375-7171(代)  

仙台市
公益財団法人せんだい男女共同参画財団
仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会

このページのトップへ戻る