更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

市政だより2016年5月号・特集3

ロゴ:SEBDAI

まもなく開催「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議」

5月20日・21日に秋保地区で開催される「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議」。日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカの7カ国の財務大臣、中央銀行総裁、報道関係者など約800人が仙台を訪れます。会議開催に向けて、おもてなしの準備が進んでいます。

写真:サンキュートゥザワールド。震災支援への感謝のメッセージ

Thank You to the World(サンキュートゥザワールド)―震災支援への感謝のメッセージ(会場等に展示予定)

写真:G7仙台フラッグ

市中心部商店街などにフラッグを掲出し、歓迎ムードを盛り上げます

お客さまに快適に滞在していただくために

秋保地区では、各国からの参加者や報道機関の方に安心・快適に滞在していただけるよう、おもてなしの準備を進めています。

観光・交通関係者、地域住民を対象におもてなし研修

2月から3月にかけて、地域住民や旅館、商店街関係者、タクシー・バスの運転手などを対象とした研修会を計15回開催。英語での対応方法や外国人をお迎えするための接遇スキルなどを学びました。

語学ボランティアも準備中

会議期間中は、130人の語学ボランティアがお客さまの案内や誘導を行います。3月には、活動する上での心構えやマナーなどを学ぶ研修会や、秋保地区の観光スポットの視察などを行いました。

看板も多言語に対応

秋保地区の観光スポットに、多言語に対応した看板を設置しました。また、英語版の秋保観光マップも作成し、海外からのお客さまがスムーズに移動できるよう環境を整えています。

写真:秋保工芸の里でのボランティア研修

職人から施設の概要や絵付け方法などの説明を受けるボランティア(秋保工芸の里)

仙台・東北の魅力を発信

3月8日から10日にかけて、海外の報道機関を招いて仙台城跡や荒浜小学校校舎などを案内するツアーを開催し、仙台の魅力や復興情報を世界に発信しました。会議期間中も、参加者や報道機関を観光スポットや被災地に案内するツアーを用意しています。

今回の会議をきっかけに、震災からの復興状況や仙台・東北の魅力を世界各国の方に知ってもらい、今後の外国人観光客の誘致や本市の都市ブランドの向上につなげていきます。

写真:海外報道機関に復興状況を説明

海外報道機関に復興状況を説明

関連イベント

G7図書館フェア

G7に関する図書やパネルの展示を行います。

期間

会場

5月10日(火曜日)~21(土曜日)

若林区文化センター

5月25日(水曜日)まで

市民図書館・榴岡図書館・宮城野図書館・若林図書館・太白図書館・泉図書館

5月29日(日曜日)まで

広瀬図書館

G7伊勢志摩サミット「世界に届けたい日本」フォトコンテスト受賞作品展/10都市ポスター展

地域の魅力や文化、自然などの素晴らしさを世界に発信するため内閣官房・内閣府が主催したフォトコンテストの受賞作品等を紹介します。また、G7関係閣僚会合が開催される10都市のポスターやパンフレットをあわせて展示します。

  • 日時=5月9日(月曜日)~20日(金曜日)
  • 会場=市役所本庁舎1階ギャラリーホール

SENDAI(センダイ)/TOHOKU Treasures Cafe(トウホク トレジャーズ カフェ)

  • 期間=5月20日(金曜日)11時00分~20時30分、5月21日(土曜日)・22日(日曜日)11時00分~17時00分
  • 会場=せんだいメディアテーク
  • 内容=仙台・秋保のなつかしの風景映像上映、東北の伝統芸能演舞披露など
  • 直接会場へ

※いずれも(問)財務大臣・中央銀行総裁会議準備室 電話214・8763

この特集についてのお問い合わせは財務大臣・中央銀行総裁会議準備室 電話214・8763、ファクス214・8530

※期間中の市内の交通規制については10ページ(PDF:466KB)をご覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1150 

ファクス:022-211-1921