更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

市政だより2016年5月号・ワケアップ!仙台

「転勤族」もごみ分別、がんばります!

仙台には転勤で引っ越して来た方が多く住んでいます。地下鉄東西線の開業を盛り上げるために始まったWE(ウィー)プロジェクトの一環で「転勤族チーム」を結成した、関東出身の大山宗之さんと田代智志(さとし)さんにお話を伺いました。

小さい頃から実家で分別を実践していたという大山さん。昔から雑がみの分別が得意だったそうです。「現在は一人暮らしで家が狭いのですが、台所に立体的なごみ分別スペース(右下写真)を作り、きちんと分別しています」と自宅での取り組みを披露してくれました。「震災後、仙台のごみは増えていると聞きました。市外から移って来た人もがんばらないといけませんね。転勤族同士で、ごみについても気軽に情報交換できる場がつくれたらいいなと考えています」と二人は今後の目標を力強く語ってくれました。

写真:大山さんと田代さん

同じ転勤族ということで意気投合した大山さん(右)と田代さん

写真:大山さんの自宅の分別スペース

大山さんの自宅の分別スペース

「WAKE UP(ワケアップ)!!」とは?

ごみ分別意識を呼び覚ますため、「目覚めよ!」と「分別向上」の2つの意味を込めた造語。今後「ワケアップ!仙台」を合言葉に、ごみ分別に取り組んでいきます。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1150 

ファクス:022-211-1921