更新日:2016年10月31日

ここから本文です。

市政だより2016年11月号・ワケアップ!仙台

家庭で分別を実践!簡単で家計にもお得

写真:「夫や子どもも一緒に分別に取り組んでいます」と話す後藤さん

「夫や子どもも一緒に分別に取り組んでいます」と話す後藤さん

写真:作った堆肥は緑のカーテン作りなどに使用しています

作った堆肥は緑のカーテン作りなどに使用しています

 食品等の宅配を行う「生活協同組合あいコープみやぎ」組合員の後藤咲子さん。平成23年に横浜から仙台へ引っ越してきました。
「ごみ分別の保存版パンフレットを冷蔵庫につるしておき、迷ったらこれを見ながら分別しています」と普段から分別を心掛ける後藤さん。「紙類が入っているかどうかで家庭ごみの量が全然違うんですよ。分別を徹底すると家庭ごみは、週一回、特小サイズのごみ袋で間に合います。お財布にもやさしいですよね」と笑顔を見せます。
他にも、使わなくなった布類を雑巾にしたり、生ごみを段ボールで堆肥にしたりと、衣食住のいろいろな場面でごみ減量を実践しています。「ベランダでの堆肥作りは、最初は難しそうだと思いましたが、意外と簡単にできました。何事も、まずはやってみることが大切ですね」と語ってくれました。

1人1日当たりの家庭ごみ 目標:450g → 実績(4~9月):490g〔昨年度476g〕

目標達成に向けて、雑がみの分別、生ごみの水切りなどで、ごみ減量に取り組みましょう!

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1150

ファクス:022-211-1921