現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 個人市民税 > No.12 公的年金以外にも収入がある場合の納税方法はどうなりますか?

更新日:2017年3月29日

ここから本文です。

No.12 公的年金以外にも収入がある場合の納税方法はどうなりますか?

質問

私は公的年金のほかに給与収入もあります。納税方法はどのようになりますか?

回答

市県民税の公的年金からの引き落としの対象となる方で、公的年金以外の所得がある方の市県民税の納め方は、所得の種類に応じて次のようになります。
年金所得の金額から計算した税額⇒公的年金から引き落とし(※1)
給与所得の金額から計算した税額⇒給与から引き落とし
上記以外の税額(事業所得など)⇒納税通知書(納付書)により納付(※2)
※1 公的年金から引き落としする税額は、年金所得の金額から計算した税額のみです。
※2 会社などにお勤めの方は、給与・年金以外の所得金額から計算した税額を給与所得の金額から計算した税額とあわせて給与から引き落としすることもできます。

お問い合わせ

財政局市民税企画課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階

電話番号:022-214-8042

ファクス:022-214-1119