現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 防災環境都市づくり(震災復興メモリアル事業、エネルギー政策を含む) > エコモデルタウン推進事業 > 荒井東地区において環境啓発イベント「自然と環境にやさしい工作教室」を実施しました

更新日:2018年8月10日

ここから本文です。

荒井東地区において環境啓発イベント「自然と環境にやさしい工作教室」を実施しました

荒井東市営住宅には、太陽光発電・蓄電池などの再生可能エネルギー設備や、各家庭でのエネルギーの「見える化」のためのHEMSが導入されています。
仙台市では荒井東町内会と協力のもと、エコモデルタウン推進事業の理解促進や環境意識の醸成のため、「自然と環境にやさしい工作教室」を開催しました。
イベントには市営住宅にお住いのみなさん27名が参加し、ソーラーパネルやLEDを用いた「ペットボタル」の工作や、エネルギー設備の説明、停電時でも集会所で電気が使えること、HEMSにより各家庭でも電気使用量の「見える化」が出来ることなどについて学びました。
エネルギーについての簡単なお話やエコクイズを通し、エネルギーを身近に感じてもらう良い機会となりました。

荒井東イベント

 

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8046

ファクス:022-214-8497