更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

住まい

住まいに関する情報

高齢者向け住宅

マンション

市営住宅

土地売買

売買以外では、どのようなときに届出が必要ですか。

土地を借りる場合、または借地権を購入する場合は届出が必要ですか。

届出が不要とされているのはどんな場合ですか。

土地の登記簿(公簿)上の面積は要届出面積未満ですが、実測面積は要届出面積以上である場合は、届出は必要ですか。

土地が市街化区域と市街化調整区域、もしくは市街化調整区域と都市計画区域外にまたがる場合は、届出が必要な面積はどのように判断しますか。

「一団の土地」とはなんですか。

宅地開発のため3人の地権者から土地を購入しました。契約書は1通にまとめていますが、届出は1回にまとめてよいですか。また、契約書を3通別々に作成している場合はどうですか。

道路を挟んで二つの土地(それぞれは要届出面積未満)を購入しましたが、この場合は「一団の土地」として届出が必要ですか。

土地が複数の市町村にまたがる場合は、どちらに届出をすればよいですか。

土地区画整理事業施行地区内において、仮換地の指定がなされた土地を購入しました。従前地の面積は要届出面積以上、仮換地後の面積であれば要届出面積未満ですが、届出は必要ですか。

土地区画整理組合から保留地を購入する場合は、届出は必要ですか。

共有地の共有持分を購入する場合、届出は必要ですか。

建物(ビル、マンション等)の区分所有権を購入する場合、届出は必要ですか。

仙台市内には注視区域・監視区域・規制区域に指定されている地域はありますか。

注視区域等の指定を受けた地域の土地を取引する場合、どのような手続きが必要になりますか。