現在位置
トップページ>
自然・動物・農業>
農業・地産地消>
農業に親しむ>
農業園芸センター

自然・動物・農業

農業園芸センター

市民が農業と緑にふれあう憩いの場として、また、農業及び地場生産物への理解を深める場として、平成元年に開園しました。

平成28年4月より、公募により選定された民間事業者による運営を開始しております。事業の詳細については、運営事業者のホームページ(別ウィンドウで開きます)よりご覧ください。

「収益性の高い農業推進支援拠点」(担当:仙台ターミナルビル株式会社)

農業経営や農産物の栽培方法をはじめとした各種研修事業、農業関連設備等の展示事業を行い、農業者及び農業に関心のある方への技術習得や農業経営に関する支援を行います。併せて観光果樹園整備も実施します。

農業に関する研修の受講生募集について

農業園芸センターに新たに設置する観光果樹園において、土づくりや剪定などを基礎から学べる果樹(ブルーベリー、ブドウ、梨、いちじく、リンゴ等)栽培研修及び農業の複合経営を学べる研修の受講生について、4月より募集を開始します。

また、トマトやイタリア野菜栽培や加工研修、トマトの養液栽培工場の見学・視察受け入れの実施等の事業も予定しています。

事業の詳細は、下記運営事業者のホームページをご覧ください。

仙台ターミナルビル(農業園芸センター)ホームページはこちらから(別ウィンドウで開きます。)

ブルーベリーの写真 ブドウの写真 イチジクの写真


「農と触れ合う交流拠点」(担当:日比谷アメニス・日比谷花壇共同事業体)

従来のウメやバラなどに加え、四季折々の花や草木を楽しめる花壇・憩いの広場等の整備を行うとともに、農や自然に親しむことを主な目的とした様々なイベントを実施します。

また、市民農園の運営も行います。

日比谷アメニス・日比谷花壇共同事業体(農業園芸センター)ホームページはこちらから(別ウィンドウで開きます。) 

開花情報

農業園芸センターでは、毎年3月にウメ、5月~6月に夏バラ、9月~10月に秋バラの見ごろを迎えます。
ぜひご来園ください。
ウメの写真 ウメの写真
バラの写真 バラの写真
バラの写真 バラの写真 バラの写真

再整備について

仙台市農業園芸センター再整備事業の基本協定を締結しました(平成27年12月15日)

基本情報

所在地

仙台市若林区荒井字切新田13-1

電話番号

022-288-0811

022-762-9688(研修事業)

開園時間

午前9時から午後5時まで(11月から2月は午前9時から午後4時まで)

大温室は震災により、終了いたしました。

休園日

  • 毎週月曜日(ただし、祝休日にあたる場合は開園。月曜日が祝休日にあたる場合は翌日の火曜日が休園)
  • 12月29日から1月4日まで

農業園芸センターの写真 農業園芸センターの写真  

このページのトップへ戻る