更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

宮城県車いすダンス協会

障害のある方のための運動施設、スポーツ・レクリエーション教室ガイド

宮城県車いすダンス協会

クラブ・団体からのPR

平成5年設立、活動を開始し、平成25年に特定非営利活動法人になりました。
車いす使用者と健常者のペアで踊るコンビスタイルでは、国内外で競技大会があります。
とりわけ、車いす使用者と健常者2名が踊る宮城・仙台方式は、障害の重い方や高齢の方でもダンスに親しむことができます。
この宮城・仙台方式の三者のダンスでは、指導員養成講座も開催し、施設への指導者派遣も行っています。
高齢者施設では、車いすダンスを通して認知症の予防など、良好な変化も見られ好評をいただいています。

車いすダンスの練習風景

宮城県車いすダンス協会の概要

日時

月2回(日程はお問い合わせください)

  • 日曜日 午後1時10分から午後3時まで
  • 火曜日または金曜日 午後4時10分から午後6時まで

※会員の方には、半年分の予定をご案内します。

場所

  • 仙台市福祉プラザ
  • 仙台市太白障害者福祉センター

参加の条件

どなたでも

費用

  • 年会費 2,500円
  • 参加費 500円(参加した日、1回につき)

雰囲気

みんな一緒にと個人ごとにの中間

のんびりマイペースともっと頑張るの中間

お問い合わせ

特定非営利活動法人 宮城県車いすダンス協会
電話・ファクス 022-379-2625

お問い合わせ

健康福祉局障害者総合支援センター

仙台市泉区泉中央2-24-1

電話番号:022-771-6511

ファクス:022-371-7313