更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

高次脳機能障害の方への支援

市民の方へ

高次脳機能障害とは高次脳機能障害の課題高次脳機能障害 総合相談のご案内

高次脳機能障害とは

交通事故や頭部のけが、脳血管障害などの病気の後遺症として見られる次のような障害です。

  • 記憶の障害
    新しいことが覚えられない。以前のことが思い出せない。
  • 遂行機能の障害
    スケジュールや計画の手順がたてられない。
  • 注意の障害
    気が散りやすい。落ち着きがない。疲れやすい。作業が長続きしない。
  • 行動や感情の障害
    意欲がわかずぼんやりとしている。気持ちが沈んでいる。特定のことに過度にこだわる。突然興奮したり怒り出す。我慢できない。

高次脳機能障害の課題

高次脳機能障害は、次のような理由から、周囲の人から「障害」と理解してもらえないことが多くあります。

  • 入院中には問題がなく、退院してから「おかしい」と気づくことが多いこと。
  • 症状が様々であること。
  • 見た目では障害があることがわかりにくいこと。

何気ないことがうまくできないため、日常生活への影響は大きく、家族関係や復学・復職といった社会復帰を難しくしています。

高次脳機能障害 総合相談のご案内

(1)まずは、電話でお問い合わせください。

障害者総合支援センター、ご自宅等での「初回面談」の日時を予約します。
簡単な情報提供は、電話のみでも可能です。

(2)ご本人、ご家族と面談して、お話を伺います。

障害者総合支援センターで、またはご自宅や入院先を訪問して、お話を伺います(初回面談)。
お困りのこと、ご希望等についてお聞かせください。
必要に応じ、あなたが得意なこと、障害により苦手となっていること等を、検査・判定します。

(3)関係する支援機関と連携・協働しながら、次のような支援を行います。

生活の安定に向けて

  • 生活のしづらさを改善する方法を、ご一緒に考えます。
  • 各種サービス(障害福祉サービスや介護保険サービス等)についてご説明・ご紹介します。

就学・復学に向けて

  • 就学・復学に向けた準備について、ご一緒に考えます。
  • 学校に、障害の特性や対応の方法等をご説明します。

就職・復職に向けて

  • 就職・復職に向けた準備について、ご一緒に考えます。
  • 就労支援機関や職業紹介窓口の利用についてご説明・ご紹介します。
  • 勤務先に、障害の特性や対応の方法等をご説明します。

※対象は、仙台市内にお住まいの方となります。

添付ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害者総合支援センター

仙台市泉区泉中央2-24-1

電話番号:022-771-6511

ファクス:022-371-7313