更新日:2017年5月24日

ここから本文です。

平成28年度 難病に関する講演会

市民の方へ

平成28年度 難病医療相談会難病に関する講演会

平成28年度 難病医療相談会

難病で治療中の方やご家族の方に、専門医等による医療面や生活の相談などの講話・相談会を開催します。

※「申込時の必要事項」については、下記の内容を記入してください。

  1. 応募内容(相談会名・開催日時)
  2. 郵便番号・住所
  3. 氏名・フリガナ
  4. 電話番号・ファクス番号

(※)往復はがきの場合は、返信先も記入してください。

難病に関する講演会

病気と上手に付き合う方法-セルフマネジメントを学ぼう!-【終了しました】

病気と上手に付き合う方法-セルフマネジメントを学ぼう!-についての開催概要

日時

平成28年10月22日(土曜日)午後1時半から午後2時45分

会場

仙台市障害者総合支援センター(ウェルポートせんだい)

内容

講師:武田 飛呂城 氏(NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会)

難病があっても、症状と付き合いながら、自分らしい生活をしていくためにはどうしたらよいでしょうか。今回、日本慢性疾患セルフマネジメント協会の方をお招きして講演会を企画しました。

協会では、長期に渡って療養が必要な慢性疾患の方を対象に、治療・社会生活・感情の3つの自己管理(セルフマネジメント)の方法について学ぶプログラムを提供しています。病気と上手く付き合う方法について一緒に考えてみませんか。

難病のご当事者の方、ご家族の方、支援に携わっている方、どなたでもご参加いただけます。是非お申込みください。

申し込み

先着50名 参加無料

平成28年10月6日(木曜日)から平成28年10月20日(木曜日)
※平日午前9時から午後5時まで

障害者総合支援センターへ電話、または申込時の必要事項を記入してファクス

電話:022-771-6511 ファクス:022-371-7313

問い合わせ

障害者総合支援センター 電話:022-771-6511

難病と生きる~進行性筋疾患と共に歩む人生~【終了しました】

講演会「難病と生きる~進行性筋疾患と共に歩む人生~」の開催概要

日時

平成28年3月12日(土曜日)午後1時半から午後4時45分まで

会場

障害者総合支援センター 研修室

内容

講師:織田 友理子 氏(NPO法人 PADM 遠位型ミオパチー患者会代表)

プロフィール:1980年千葉県生まれ。NPO法人PADM 遠位型ミオパチー患者会代表。22歳のときに手足の先の筋肉から衰えていく進行性の筋疾患「縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー(DMRV)」と確定診断を受ける。25歳で結婚、1年後に自然分娩にて男児を出産。これ以降、車いす生活となる。2008年4月「遠位型ミオパチー患者会」発足時より参画。患者会はDMRV治療薬開発のため、希少疾病のモデルケースとなるべく、政府への要請をはじめ、関係各所との連携をとり、精力的な活動を展開している。2010年7月、半年間にわたりデンマークへ留学。帰国後は、留学で学んだ当事者運動を、身をもって実践している。現在、全国のバリアフリー情報をYouTube専用チャンネル「車椅子ウォーカー」で配信中。

案内チラシ・申込用紙のダウンロードはこちらから(PDF:1,432KB)

ある日突然難病になった私が考えたこと【終了しました】

講演会「ある日突然難病になった私が考えたこと」の開催概要

日時

平成26年11月15日(土曜日)午後1時から午後3時まで

会場

障害者総合支援センター 研修室

内容

作家、大野 更紗(おおのさらさ)氏による講演会

「ある日突然難病になった私が考えたこと」

案内チラシ・申込用紙のダウンロードはこちらから(PDF:874KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害者総合支援センター

仙台市泉区泉中央2-24-1

電話番号:022-771-6511

ファクス:022-371-7313