更新日:2017年3月3日

ここから本文です。

中心部商店街の活性化を目指して

「仙台市中心部商店街将来ビジョン」を策定しました

中心部商店街(※)の魅力をさらに高め、集客力の向上を図ることにより、中心市街地の活性化に寄与することを目的に、将来の実現すべき方向性を示した仙台市中心部商店街将来ビジョンを策定しましたのでお知らせします。

※中心部商店街
一番町一番街商店街、一番町四丁目商店街、おおまち商店街、クリスロード商店街、サンモール商店街、仙台朝市商店街、仙台駅前商店街、名掛丁商店街及び本町商店街

仙台市中心部商店街将来ビジョン(PDF:5,754KB)

特徴

  • (1)位置づけ等
    将来ビジョンは、中心部商店街も参加した「中心部商店街活性化プラン検討委員会」での5回に亘る検討に基づき本市が策定し、地下鉄東西線開業の平成27年度を当面の目標として関係者との役割分担により取り組みを進めるもので、将来ビジョンに基づき各商店街が別途策定する個別のアクションプランと合わせて「中心部商店街活性化プラン」として、中心部商店街の活性化を推進していきます。
  • (2)取り組みの方向性
    4つの方向性(「人を呼び込む」「魅力をわかりやすくする」「まちの魅力を高める」「地元力を活かす」)のもと、中心部商店街に必要な取り組みを想定メニューとして示しています。
  • (3)実現に向けた仕組み
    事業推進にあたっては、従来の商店街組織の枠組みを超え、中心部商店街全体としてエリアマネジメントする組織の構築が必要です。その立ち上げに向け、10月から商店街の方々や商店街活性化に取り組む関係者で構築する中心部商店街活性化戦略研究会を設置し、行政や商工会議所等の支援を受けながら、先行的な取り組みの実施のほか、組織体制や財源等の検討を行っていきます。

将来ビジョン策定までの経過について

  • 平成21年11月2日 第1回仙台市中心部商店街活性化プラン検討委員会
    【中心部商店街の現状と課題について】
  • 平成21年12月2日 第2回仙台市中心部商店街活性化プラン検討委員会
    【中心部商店街の現状と取り組み、問題点等について】
  • 平成22年2月5日 第3回仙台市中心部小胆外活性化プラン検討委員会
    【将来ビジョンと戦略的な取り組みについて】
  • 平成22年3月26日 第4回仙台市中心部商店街活性化プラン検討委員会
    【将来ビジョンの実現に向けた仕組みづくりについて】
  • 平成22年8月1日~8月31日 パブリックコメントの実施
  • 平成22年9月21日 第5回仙台市中心部商店街活性化プラン検討委員会
    【将来ビジョン最終案について】 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局地域産業支援課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-1001

ファクス:022-267-6292