現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 住まい > 新型コロナウイルス感染症の影響によりお住まいにお困りの方へ市営住宅を一時提供します

更新日:2020年6月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響によりお住まいにお困りの方へ市営住宅を一時提供します

新型コロナウイルス感染症の影響により,お住いにお困りの方への市営住宅の一時提供について

本市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、解雇や失業等によって社宅や寮等を退去された方などお住まいにお困りの方を対象として、市営住宅への一時受け入れを実施します。

1 概要

1.対象者
仙台市内に在住または仙台市内の事務所に勤務していた方で、新型コロナウイルス感染症の影響により解雇され、社宅や寮からの退去を余儀なくされた方
※借り上げ住宅や住宅手当対象の民間賃貸住宅居住者を含みます

2.使用期間 原則6か月まで(最長1年まで)

3.使用料 使用期間中は減免
※共益費,光熱水費は負担していただきます

4.対象団地
・高砂市営住宅(宮城野区)
・太白市営住宅(太白区)
・茂庭第一市営住宅(太白区)

2 相談受付

第2回募集は終了しましたが、引き続き電話にて入居のご相談を受け付けます
※受付電話番号 022-214-8331・8387(市営住宅管理課)

お問い合わせ

都市整備局市営住宅管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8387

ファクス:022-268-2963