現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 地価が下がっているのに土地の税額が上がるのはどうしてでしょうか?

更新日:2017年5月23日

ここから本文です。

地価が下がっているのに土地の税額が上がるのはどうしてでしょうか?

質問

地価が下がっているのに土地の税額が上がるのはどうしてでしょうか?

回答

土地に係る固定資産税は、評価額が急激に上昇した場合であっても、税負担の上昇はゆるやかなものになるよう、課税標準額を徐々に是正する負担調整措置が講じられています。
地価が下落する中で税負担が上昇する土地は、本来の課税標準額に比べて現在の課税標準額が低いため、負担調整措置により本来の課税標準額に向けた是正過程にあるものです。
したがって、地価が下がっているものの固定資産税は上がる場合もあります。

お問い合わせ

財政局資産税企画課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階

電話番号:022-214-4442

ファクス:022-214-8130