現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 家屋の固定資産税が下がらないのはなぜですか?

更新日:2017年5月23日

ここから本文です。

家屋の固定資産税が下がらないのはなぜですか?

質問

家屋の固定資産税が下がらないのはなぜですか?

回答

家屋の評価額は、家屋を評価する時点の建築物価に基づいて、その家屋と同じものを新築した場合の建築費(再建築価格)を求め、これに建築後の経過年数分の減価率(経年減点補正率)を乗じて求めることになります。ただし、その評価額が前年度の評価額を超える場合には、評価額は前年度の評価額に据え置かれるため、その結果、税額が下がらないことが考えられます。

お問い合わせ

財政局資産税企画課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階

電話番号:022-214-4442

ファクス:022-214-8130