現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 住宅を新築して、3年後に家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか?

更新日:2017年3月24日

ここから本文です。

住宅を新築して、3年後に家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか?

質問

住宅を新築して、3年後に家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか?

回答

構造:木造2階建て 床面積:160平方メートル(居住部分100平方メートル 店舗部分60平方メートル)

新築の住宅で一定の要件を満たすものは、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分(3階建て以上の中高層耐火住宅等で一定の要件を満たすものは、新たに固定資産税が課されることとなった年度から5年度分)に限り、新築住宅の減額特例が適用されます。今回の場合は、新築後3年度分について新築住宅の減額特例が適用されており、この減額適用期間が終了したため、本来の税額に戻ったものです。
詳しくは、「固定資産税・都市計画税のあらまし」ページ内の「マイホームやアパート等に対する固定資産税の特例・軽減措置」の項目をご覧ください。

■担当課
財政局北固定資産税課
 青葉区に所在する物件
 電話番号:022-214-8604
 泉区に所在する物件
 電話番号:022-214-8605

財政局南固定資産税課
 宮城野区・若林区に所在する物件
 電話番号:022-214-8694
 太白区に所在する物件
 電話番号:022-214-8695

〒980-8671
仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎

お問い合わせ

財政局資産税企画課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階

電話番号:022-214-4442

ファクス:022-214-8130