現在位置
トップページ>
組織と業務>
まちづくり政策局>
防災環境都市推進施策について>
震災復興メモリアル施設・アーカイブの整備

震災復興メモリアル施設・アーカイブの整備

平成28年6月15日

震災復興メモリアル施設の整備

「せんだい3.11メモリアル交流館」

■ 設置目的
東日本大震災の記憶と経験を継承するためのさまざまな取組みを有機的に結び、未来や世界へつないでいくこと

■ 運営
公益財団法人 仙台市市民文化事業団へ委託


■ 所在地
仙台市若林区荒井字沓形85-4(地下鉄東西線荒井駅舎内)

■ 施設の主な機能
1階  交流スペース
2階  展示室・スタジオ
3階  屋上庭園

■ 開設日
平成28年2月13日
(平成27年12月6日には1階交流スペースが先行オープン)

■ 施設パンフレット
せんだい3.11メモリアル交流館 施設パンフレット【PDF3,103KB】(別ウィンドウで開きます)

<詳しくは専用サイトをご覧ください>
せんだい3.11メモリアル交流館ホームページ(別ウィンドウで開きます)

震災復興アーカイブの整備

震災による被災状況や復旧・復興のプロセス、被災前の風景などを記録・保存し、活用できるアーカイブを整備します。

このページのトップへ戻る