現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 8月 > 仙台港における緊急環境調査を行います

更新日:2017年8月24日

ここから本文です。

仙台港における緊急環境調査を行います

仙台市では仙台港において石炭火力発電所の立地が相次いでいる状況を踏まえ、杜の都の良好な環境を保全するとともに、市民の皆さまの安全で快適な生活を確保するため、環境保全対策の強化を行ってきました。先月、仙台パワーステーション株式会社の石炭火力発電所が石炭の燃焼による運転を開始し、周辺環境への影響について市民の関心が高まっていることから、市長指示により、当初予定の調査に加え、緊急環境調査を実施し万全を期すことといたします。

1 緊急調査実施期間

当初計画では仙台パワーステーションが営業運転を開始する前の4月、5月および営業運転開始後(10月以降)の2回計4回の予定だったものです。今回の調査は石炭を使用した定格出力(100%負荷)到達後ではあるものの試験稼働期間中のため、停止試験などにより周辺環境への影響が一定しない可能性があることから、8月と9月の連続で実施します。

(1)8月調査  

8月24日(木曜)~30日(水曜)

(2)9月調査  

9月4日(月曜)~11日(月曜)

2 調査内容

(1)大気調査

蒲生干潟の近辺において、PM2.5や水銀等の大気調査

(2)水質調査

海域での水質調査のうち、水銀等の有害物質について、湾内と蒲生干潟への影響が把握できる地点等4地点の追加調査

(3)調査地点

調査地点は、下記の調査地点図をご覧ください。

調査地点図(PDF:151KB)

3 公表等

結果が出次第、速やかに本市ホームページ等で公表します。
なお、稼働前の環境調査(4月及び5月実施)および大気測定局におけるPM2.5の測定値(24時間連続測定)は既にホームページ等でご覧いただくことができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境対策課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-8220

ファクス:022-214-0580