現在位置
トップページ>
住みよい街に>
くらし・ライフライン>
下水道・浄化槽>
雨を流さない取組みに補助金が出ます(エリア限定)

住みよい街に

雨を流さない取組みに補助金が出ます(エリア限定)

雨水流出抑制施設の設置費用を補助します

雨水流出抑制施設について(雨水浸透ます、雨水貯留タンク)

仙台市では、雨をゆっくりと流すための雨水流出抑制施設(雨水浸透ます、雨水貯留タンク)を設置する方に補助金を助成しています。

雨水浸透ますの画像
雨水浸透ます

雨水貯留タンクの画像
雨水貯留タンク

仙台天水桶の画像
仙台天水桶

 

雨水流出抑制が必要な理由

 流出抑制の中でも、特に雨水浸透は屋根に降った雨をゆっくりと地面の中にしみ込ませ、都市型浸水の軽減、合流式下水道の改善、地下水の涵養、河川水量の回復など、水環境にとてもやさしい対策です。
 雨水貯留は、雨水を貯めて庭への水まきなど、水道代節約が出来るほか、災害時用水などに使うことができます。
 仙台市下水道事業としては、浸水被害や合流式下水道の改善に効果的な「雨水浸透」を推進するため、浸水被害の多い地区と合流式下水道で整備されている地区を対象に流出抑制施設の設置費を補助しています。
 雨水貯留タンクは、市民の皆さんのニーズは多いですが、下水道事業としてはあまり効果が期待できません。そこで仙台市では、雨水浸透を実施していただける方に雨水貯留タンクの助成金を優遇することで雨水浸透を図る制度としています。

【図:雨水抑制の必要性】

昔の雨水の流れの画像

従来、雨は地面にしみ込み、地下水となって河川を潤していました。

現在の雨水の流れの画像

近年、街が建物やアスファルトで覆われ、地下水の水位が下がり、河川の流量が少なくなっています。また、ほとんどの雨が下水道に一気に流れ込み、浸水被害を起こしたり、汚れた水が川などに流れ込んだりするようになっています。

 

補助を受けるには?

 補助対象区域に建物をお持ちの方、または建築予定の方で、市税の滞納がない方が対象です。

 申請書は雨水抑制施設設置費補助申請書ダウンロードページよりダウンロードしてください。
 ※事業者用とありますが、一般の方もご利用できます

 補助対象区域については、下の関連資料ファイルでご確認ください。

 

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る