現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 9月 > デジタル技術を活用した人流データ調査の実施結果を公表します

更新日:2021年9月1日

ここから本文です。

デジタル技術を活用した人流データ調査の実施結果を公表します

デジタル技術を活用した人流データ調査の実施結果を公表します

「仙台市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」では、データやICTの利活用を通じて、行政のデジタル化、まちのデジタル化を進め、スマートシティ型のまちづくりを目指しています。この取り組みの一環として、民間事業者と連携し、今年5月に市中心部商店街エリアでデジタル技術を活用した人流データ調査を実施しました。このたび、その調査結果がまとまりましたので公表します。

調査概要

内容

仙台市中心部商店街エリアにおいて、3つのデジタル技術を活用して人流データの取得を行い、各調査手法の特性や課題などの検証、評価を行うもの。

実施地区

一番町四丁目商店街、ぶらんど~む商店街、サンモール商店街、おおまち商店街、クリスロード商店街、名掛丁商店街

手法

(1)該当エリアに設置したカメラ画像のAI分析による計測
(設置場所・台数)
おおまち商店街振興組合(空中ステージ・藤崎前)・3台

(2)Wi-FiおよびBluetooth等の電波を検知するセンサーによる計測
(設置場所・台数)
該当エリア内の協力店舗・合計12台
地下鉄仙台駅、勾当台公園駅、広瀬通駅、青葉通一番町駅の改札付近・各1台

(3)NTTドコモのスマートフォン、携帯電話の電波を検知するモバイル空間統計による計測

調査期間

令和3年5月28日~5月30日

協力団体

アンデックス株式会社・ニューラルポケット株式会社、株式会社NTTドコモ東北支社、株式会社サイバーエージェント、ZORSE株式会社、富士通Japan株式会社、仙台商工会議所、仙台市中心部商店街活性化協議会

実施結果

それぞれの調査手法ごとに人流データの分析を行い、各調査手法の数値の比較などをまとめました。また、調査結果について、魅力アップや安心安全の確保、利便性の向上等に向けどのように生かしていくか、仙台市中心部商店街活性化協議会の協力のもと商店街関係者の意見なども得ながら検討しています。
本市として取りまとめた報告書の他、各協力事業者がまとめた報告書および取得したデータについては、下記のページに掲載しています。

「デジタル技術を活用した人流データ調査について」

お問い合わせ

まちづくり政策局デジタル戦略推進室

仙台市青葉区二日町12-26二日町第三仮庁舎3階

電話番号:022-214-8656

ファクス:022-214-8136