現在位置 ホーム > 太白区トップページ > 安全・安心 > 交通安全 > 太白区内で飲酒運転による交通死亡事故が発生しました

太白区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

太白区内で飲酒運転による交通死亡事故が発生しました

平成23年1月21日午前7時55分ごろ、仙台市太白区根岸町の国道4号根岸交差点(宮沢橋前の変則交差点)で、飲酒運転のワゴン車が道路左側の歩道に突っ込み、交差点の横断歩道で信号待ちをしていた通学途中の高校生2人をはね、うち1名が死亡するという痛ましい交通死亡事故が発生しました。

事故当時、ワゴン車を運転していた28歳男性は朝まで飲酒し、呼気からは1リットル当たり0.5ミリグラムのアルコールが検出されたと報道されています。

太白区ではこの事故をうけて、1月25日から28日までの4日間、根岸交差点において仙台南地区交通指導隊による緊急臨時立哨を行い、ドライバー、自転車、歩行者に安全運転の呼びかけを行いました。

飲酒運転は犯罪です。

飲酒運転をした本人だけでなく、同乗した人や、酒類を提供した人、車を貸した人も同様に処罰の対象となります。

「自分だけは大丈夫」「少しだけなら大丈夫」という油断や気の緩みが悲惨な事故につながります。このような悲しい事故をなくし、かけがえのない命を守るため、家庭・職場ぐるみで飲酒運転を追放しましょう。

飲んだら乗らない 乗るなら飲まない 乗る人には飲ませない

お問い合わせ

太白区役所区民生活課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所4階

電話番号:022-247-1111

ファクス:022-249-1131