現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 9月 > 仙台市南地区交通指導隊 毎月10日「とまる日」に交通安全活動を実施しています

更新日:2021年9月6日

ここから本文です。

仙台市南地区交通指導隊 毎月10日「とまる日」に交通安全活動を実施しています

毎月10日「とまる日」について

 令和2年度に一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が実施した全国調査において、信号機のない横断歩道付近に歩行者がいる場合に一時停止せずに通過する車両の割合について、宮城県が最下位となりました。

 これを受け、仙台市南地区交通指導隊では令和3年5月から宮城県警察と協力し、毎月10日の「とまる日」に、太白区内全域の主な信号機のない横断歩道においてドライバーや歩行者に注意を呼び掛ける交通安全活動を実施しています。

活動内容

 信号機のない横断歩道に交通指導隊員が立ち、横断歩道を横断する歩行者に対し、手を挙げる等して横断する意思表示をするよう指導するとともに、ドライバーに対し、横断する歩行者がいることが分かる位置で注意喚起を行います。

その他

 太白区全域を管轄する仙台市南地区交通指導隊では、全10分隊約90名の交通指導隊員が太白区内31カ所の信号機のない横断歩道で交通安全活動を実施しています。

※ とまる日

 一般社団法人日本自動車連盟の調査結果を受け、宮城県警察が「とまる(十○)」から毎月10日を「とまる日」としたもの。仙台市南地区交通指導隊による「とまる日」の交通安全活動は、10日が土曜、日曜、祝日の場合は翌平日に実施。

お問い合わせ

太白区役所区民生活課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所4階

電話番号:022-247-1111

(内線6144)

ファクス:022-249-1131