太白区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

山田上ノ台遺跡

上空から見た山田上ノ台遺跡調査区全景の写真

上空から見た山田上ノ台遺跡調査区全景

後期旧石器時代の石器の写真

後期旧石器時代の石器

縄文時代の竪穴住居跡の写真

縄文時代の竪穴住居跡

山田上ノ台遺跡(太白区山田上ノ台)は、旧石器時代から江戸時代に至る複合遺跡。

さまざまな遺構や土器、石器などが発掘されている。旧石器時代には1~3万年前の後期旧石器時代の石器や炭化物の集中部分が見つかった。

縄文時代には大規模な集落が営まれていた。発掘調査では38軒の竪穴住居跡や約300基の土坑が見つかった。
竪穴住居の中央には土器を埋めて石で囲み、さらに石組みが付属する「複式炉」が作られている。

竪穴住居は台地の南から東にかけての縁辺に分布している。

前のページに戻る

次のページに進む

自然と遺跡のページへ戻る

お問い合わせ

太白区役所まちづくり推進課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所4階

電話番号:022-247-1111

ファクス:022-249-1131