現在位置 ホーム > 太白区トップページ > 健康・福祉 > エイズ相談・検査 梅毒検査

太白区

更新日:2017年4月7日

ここから本文です。

エイズ相談・検査 梅毒検査


エイズ・HIVとは

日本では1日約4人の方が新たにHIVやエイズと診断されています。現在は、HIV感染が早期に診断され、きちんと服薬することによってエイズの発症を抑え、日常生活を送ることが可能になっています。HIVの感染の有無は、検査を受けなければわかりません。

自分自身や大切なパートナーのためにも、この機会に検査を受けてみませんか。

HIVの感染経路

(1)性的接触による感染…感染者の精液、膣分泌液、血液が粘膜・傷口に接触

(2)血液による感染…感染者との注射針の共用、輸血、血液製剤等

(3)母子感染…感染者の妊娠、出産、母乳を通じて児に感染

HIV感染は、感染者のHIVを多く含んだ体液(精液、膣分泌液、血液、母乳)の接触により起こります。

それ以外の体液(汗、涙、だ液、尿など)の接触による感染の可能性はありません。

また、HIVの感染力は弱いため、性行為以外の日常生活で感染することはありません。

HIV(エイズ)相談・検査

日時:毎月第2・第4火曜日 午後1時30分~午後3時

会場:太白区役所 3階血液検査室
希望する方にはあわせて梅毒検査も実施できます。

電話相談も随時受け付けています。

平成29年度太白区エイズ相談・検査予定表

実施月

第2火曜日

第4火曜日

受付時間

会場

平成29年

4月

11日

25日

午後1時30分~午後3時

太白区役所
3階血液検査室

5月

9日

23日

6月

13日

27日

7月

11日

25日

8月

8日

22日

9月

12日

26日

10月

10日

24日

11月

14日

28日

12月

12日

26日

平成30年

1月

9日

23日

2月

13日

27日

3月

13日

27日

仙台市のエイズ・性感染症検査について、詳しくは下記リンクをご覧ください。

検査を受ける時期

HIVに感染しても、感染初期には血液中に抗体やウイルスが検出されない期間(ウインドウ期)があります。このため感染初期に検査をすると、感染していても検査で陰性となることがあります。

感染の可能性を明確に否定するためには、感染した可能性がある日からHIV検査は12週間以上梅毒検査は4週間以上たってからの検査をお勧めします。

検査内容

来所日に採血をします。

検査料金

検査は無料匿名で受けられます(お名前も、ご住所もお知らせいただく必要はありません)。

氏名入りのHIV検査結果成績書が必要な方は、有料(1,200円)となります。前日までに電話連絡の上、運転免許証・健康保険証などの本人確認ができる証明書をお持ちください。

検査結果

検査日から1週間後に来所いただき、本人に直接ご説明します。

※委託検査機関の状況により、1週間後に結果をお伝えできない場合もあります。

関連リンク

お問い合わせ

太白区役所管理課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所2階

電話番号:022-247-1111

ファクス:022-247-1290