現在位置 ホーム > 太白区トップページ > ふとちゅー情報部 > 潜入!ふとちゅー調査団! > 潜入してきました!「老いも若きも語らにゃ損損!!」(太白区中央市民センター)

太白区

更新日:2018年12月22日

ここから本文です。

潜入してきました!「老いも若きも語らにゃ損損!!」(太白区中央市民センター)

平成30年11月17日(土曜日)に行われた「老いも若きも語らにゃ損損!!」の様子です。

司会をしている大学生の様子交流の様子1交流の様子2

 この講座は、「異世代間交流」をテーマに、東北学院大学の社会教育実習生が企画しました。その名の通り、20代から90代までの幅広い世代の方が参加し、交流しました。

 前半はお題から何を連想するか世代間のギャップを埋める歩み寄りゲームから始まり、講師髙野真弓さんから、ゆとり世代や団塊世代など、各世代の特徴について、講話をいただきました。いわゆる、ゆとり世代や、さとり世代といわれる若い世代の考え方が、10年後の社会の標準的な価値観になるというお話は印象的でした。

 後半は「学生時代にはやったこと」、「ステータス」「恋愛観」について、テーマトークを行いました。話をする機会も少ない若者と年配が双方の話を聞く貴重な機会となりました。「異世代間交流のきっかけをつくる」という講座のねらいは充分に達成できました。

 世代が違うからと距離を置くのではなく、お互いに歩み寄り、環境や価値観の違いを理解し、受け入れることが今後のよりよい社会生活につながると思いました。

お問い合わせ

太白区中央市民センター 

仙台市太白区長町5-3-2

電話番号:022-304-0377

ファクス:022-304-2526