現在位置 ホーム > 太白区トップページ > ふとちゅー情報部 > 潜入!ふとちゅー調査団! > 潜入してきました!「伝えよう伝統の仙台七夕」(中田市民センター)

太白区

更新日:2019年8月16日

ここから本文です。

潜入してきました!「伝えよう伝統の仙台七夕」(中田市民センター)

令和元年8月2日(金曜日)と3日(土曜日)に行われた「伝えよう!伝統の仙台七夕」の七夕飾り作成の様子です。

竹を取りに行っている様子飾り付けの様子完成した七夕飾りの様子

 しばらく続いた曇り空が一気に晴れて、抜群の太陽の下で七夕飾りの準備を行いました。

 もともと中田地域では、多くの七夕飾りが飾られていましたが、年々数を減らしていました。伝統ある中田の七夕飾りを守り、伝え、そして地域を盛り上げていこうという趣旨で活動しています。

 竹林から七夕飾りを飾るのに最適な、まっすぐで立派な竹を切り出して、人力で市民センターへと運び込みました。炎天下にけが予防のため、長袖を着ての作業を行いました。全員汗だくになりながらも協力して活動することができました。

 竹への飾りつけはクーラーの効いた部屋で、熱中症の心配もなく行いました。赤や黄色、紫など様々な色の短冊に書かれた願い事を、一枚ずつ丁寧に枝先へとつけていきました。

 玄関に竹を配置してから、大きな吹き流しを取り付けました。吹き流しには中田小学校の生徒達の、思い思いの願い事が書いてあり、「がんばれ!」と応援したくなるものがたくさんありました。

 中田地域の様々な地域団体や商店街、学校や児童館など、多くの方の手で作られた七夕は、みなさんの願いを乗せて晴天の夏空に輝いていました。

お問い合わせ

太白区中央市民センター 

仙台市太白区長町5-3-2

電話番号:022-304-0377

ファクス:022-304-2526