更新日:2018年7月23日

ここから本文です。

天水桶手づくり講座

天水桶とは?

昨年度までの講座

平成30年度「天水桶手づくり講座」を開催しました

  • 日時:7月7日(土曜日)
  • 場所:農業園芸センター
  • 参加者:36組50名

前半:10時00分~11時10分

  1. あいさつ 仙台リバーズネット・梅田川 代表 楠原 俊之氏
  2. 講話 「水の都 仙台 水環境を学び復興支援」 復興応援アイドル みちのく仙台ORI☆姫隊

後半:11時15分~12時10分

  1. 手づくり作業の説明
  2. 作業開始(グループに分かれて実施)
  3. 自宅等に設置する方法の説明
  4. 天水桶獲得合戦(じゃんけん大会で天水桶8基プレゼント)

参加者の感想(抜粋)

  • 意外と簡単に作れることが分かった。参考になった。(同様コメント複数名)
  • 自分が住む地区も震災被害に遭ったが、町内会ルートでも欲しい情報だと思う。
  • 庭の散水に役立ちそうなので、自宅で作製に挑戦してみたい。
  • 講和は少し長く感じたが、ORI☆姫隊の様々な活動には驚いた。

冒頭あいさつ講和の様子ORI☆姫が作製した天水桶

写真左から:運営団体代表からあいさつ、みちのく仙台ORI☆姫隊から水環境関連の活動報告、ORI☆姫隊が作製した天水桶

作製方法と注意点の説明熱心に説明を聞く参加者ドリル作業

写真左から:作製方法の説明、熱心に聞き入る参加者のみなさん、導入管をつなぐ穴を開ける作業

完成品争奪じゃんけん完成品を雨樋に接続した状態さまざまな素材による天水桶の展示

写真左から:完成品を狙ってじゃんけん白熱、完成品(雨樋との接続)、さまざま種類の天水桶の展示

天水桶とは

天水桶とは、屋根に降った雨水を雨樋から集めてウイスキーの空き樽やポリバケツに貯め、再利用することで穏やかに川に戻していく「まちの中の小さなダム」です。

天水桶の仕組みイラスト

天水桶(雨水貯留タンク)を設置することで

  • 雨水→天水桶→散水等→地面→地下水の涵養につながります
  • 災害時に、雑用水(トイレ用水等)として役立ちます
  • 貯めた雨水を庭への散水等に使うことで、水道代の節約になります

また、仙台市では、雨水貯留タンクや雨水浸透ますのように雨をゆっくりと流すための「雨水流出抑制施設」を設置する方に、補助金を助成しています(エリア限定)。
詳しくは、下水道ホームページ(下記リンク)をご覧下さい。

天水桶手づくり講座

仙台市では、平成8年度より、毎年「天水桶手づくり講座」を開催しています。

平成22年度まではニッカウヰスキー仙台工場を会場にウイスキー樽を用いて「仙台天水桶」を作製していましたが、平成23年度からは材料を大型のゴミ箱に替えて七北田公園都市緑化ホールにて、平成28年度からは農業園芸センターにて「天水桶手づくり講座」を実施しております。

平成21年度仙台天水桶手づくり講座の写真ウイスキー樽を使って作製する写真

ウイスキー樽を用いた仙台天水桶の作製(平成21年6月28日、ニッカウヰスキー仙台工場にて)

平成29年度「天水桶手づくり講座」を開催しました

  • 日時:7月8日(土曜日)
  • 場所:農業園芸センター
  • 参加者:54名

前半:9時30分~10時30分

  1. あいさつ 仙台リバーズネット・梅田川 代表 楠原 俊之氏
  2. 講義 「雨水の事いくつか」 講師:東北工業大学名誉教授 江成敬次郎氏

後半:10時40分~12時00分

  1. 手づくり作業の説明
  2. 作業開始(グループに分かれて実施)
  3. 自宅等に設置する方法の説明
  4. 天水桶獲得合戦(じゃんけん大会で天水桶8基プレゼント)

参加者の感想(抜粋)

  • 大変良かった。参考になりました。楽しかった。(同様コメント6名)
  • ウイスキー樽でしか作れないと思っていましたが身近にあるもので、意外と簡単にできることを知りました。子供の自由研究にしたいと思います。
  • ウイスキー樽の天水桶を約10年使っています。震災の時もトイレの水などに使いました。もっともっと利用してもらえるように啓蒙活動をしてください。
  • 女性にもわかりやすく、挑戦意欲がわきました。

H29講義の様子H29じゃんけんセンター天水桶

写真左から:講義の様子、完成品争奪じゃんけん大会、農業園芸センターに設置されている天水桶(当イベントで作製したものではありませんが、散水に利用されていました。)

平成28年度「天水桶手づくり講座」を開催しました

  • 日時:7月16日(土曜日)
  • 場所:農業園芸センター
  • 参加者:45名(80名を超えるたくさんの参加お申し込み、ありがとうございました!)

前半:9時45分~10時30分

  1. あいさつ 仙台リバーズネット・梅田川 代表 楠原 俊之氏
  2. 講義 「災害と人工湿地」 講師:東北工業大学 客員研究員 矢野 篤男氏

後半:10時40分~12時15分

  1. 手づくり作業の説明
  2. 作業開始(グループに分かれて実施)
  3. 自宅等に設置する方法の説明
  4. 天水桶獲得合戦(じゃんけん大会で天水桶8基プレゼント)

参加者の感想(抜粋)

  • 自然のもったいない水なので、貯めて有効に使いたいものです。地震のときはトイレ、風呂など水不足で苦労したことを考えればもっと雨水の活用をすべきだと思います。
  • とても分かりやすく教えていただいてよかった。震災時にはトイレの水にも困ったので、マニュアルを頼りに作ってみたい。
  • 我が家の設置場所を考えたいですが、もう少しオシャレになる方法も教えてほしかったです。
  • 管理が少々大変かな、と感じました。もう少し外観がよければいいと思います。
  • 庭木や畑その他の利用で必要なので、ぜひ作ってみようと思います。
  • 人工湿地についての講義、とても興味深かったです(知りませんでした)。

講義の様子作業の様子の写真完成品の写真

写真左から:講義の様子、グループ作業でポリバケツにドリルで穴を開ける様子、完成品

平成27年度「天水桶手づくり講座」を開催しました

  • 日時:7月18日(土曜日)
  • 場所:七北田公園都市緑化ホール
  • 参加者:44名(今回も100名を超えるたくさんの参加お申し込み、ありがとうございました!)

前半:10時~11時

  1. あいさつ 仙台リバーズネット・梅田川 代表 石川 治氏
  2. 講義 「水循環・輪王寺の取り組み」 講師:輪王寺住職 日置 道隆氏

後半:11時~12時30分

  1. 手づくり作業の説明
  2. 作業開始(グループに分かれて実施)
  3. 質疑応答
  4. 天水桶獲得合戦(じゃんけん大会)

参加者の感想(抜粋)

  • 水の利用について仙台市の取り組みを知れて良かった。
  • 解りやすい説明だった。チャンスがあったら、手作りしてみたいと思った。
  • 作り方だけでなく、輪王寺さんの自然への取り組み、自然資源の循環などのお話を伺うことができ、思っていた以上の講座だった。
  • 天水の利用といってもいろいろな活用法があることが知れてよかった。
  • 20回目と聞いて驚いた。もっと早く知っておれば良かった。
  • 水を考える参考になった。

講義の写真作製作業の写真完成品の写真

写真左から:講義の様子、容器にドリルで穴をあける作業、完成品

関連リンク

雨を流さない取組みに補助金が出ます(エリア限定)

お問い合わせ

環境局環境対策課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-8221

ファクス:022-214-0580