更新日:2018年8月22日

ここから本文です。

仙台市役所本庁舎建替基本構想を策定しました

市役所本庁舎の建て替えの基本的な方向性を示す「仙台市役所本庁舎建替基本構想」を策定しました。新本庁舎のコンセプトのほか、新本庁舎が備えるべき機能や立地、規模などについて基本的な方向性を定め、今後の検討における大枠や方針となるものです。
基本構想の策定に当たっては、有識者等の意見を反映させるために仙台市役所本庁舎建替基本構想検討委員会を設置し、これまで6回にわたり議論が重ねられてきました。また、市民2000人アンケートの実施やワークショップの開催など、市民の皆さんの意見を積極的に取り入れながら検討を行いました。
今後は、設計に向けてより具体的な条件設定を行うための基本計画の策定に着手し、最短で2026年度の完成を目指し検討を進めます。

基本構想の概要

コンセプト

市民の生活や活動を支える市民中心の市役所機能を強化し、杜の都の魅力など、仙台らしさを市民が感じられる環境を整備するとともに、過去の伝統、経験を未来へとつなぐ役割を担わせます。

立地

現在の本庁舎敷地への立地を基本方針とします。

規模

現在の本庁舎と、統合する分庁舎等の専有面積の合計に、現本庁舎の1フロア相当分を加えた面積を基本とします。

複合化整備

建て替え期間中の市民の利便性低下や、災害発生時の迅速な対応を阻害する可能性があることから、他施設との複合化整備は行わないこととします。

整備パターン

行政部門と議会は一体棟での整備を基本とし、今後、棟構成等の多様な整備パターンを検討します。

策定の経緯

平成29年12月 有識者会議 第1回会議開催
平成30年3月 市民2000人アンケートを実施、ワークショップを開催
平成30年5月 有識者会議から市長に提言書を提出、基本構想中間案を策定
平成30年6月 意見募集(パブリックコメント)実施(~7月9日まで)
平成30年8月 基本構想策定

仙台市役所本庁舎建替基本構想

仙台市役所本庁舎建替基本構想は、下記よりご覧いただけます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

財政局本庁舎建替準備室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-3170

ファクス:022-214-8379