現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 個人市民税 > No.24 給与所得のほかに所得を有する従業員の特別徴収はどうなりますか?

更新日:2017年3月29日

ここから本文です。

No.24 給与所得のほかに所得を有する従業員の特別徴収はどうなりますか?

質問

不動産所得など、給与所得のほかに所得を有する従業員の場合は、どうなりますか?

回答

原則的には、給与所得以外の所得(公的年金を除く。以下同じ。)に係る個人住民税も、給与からの引き落としとなります。
なお、不動産所得などの給与所得以外の所得については、毎年、申告が必要となりますが、その申告書に、給与所得以外の所得に係る個人住民税は、普通徴収によって納めるとの記載があった場合には、当該給与所得以外の所得に係る個人住民税の所得割額は、普通徴収となります。

お問い合わせ

財政局市民税課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎5階

電話番号:022-214-1009

ファクス:022-214-8613