現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 個人市民税 > No.26 給与からの特別徴収を行わない場合、罰則はありますか?

更新日:2017年3月29日

ここから本文です。

No.26 給与からの特別徴収を行わない場合、罰則はありますか?

質問

仙台市から5月中旬に特別徴収税額の通知が届きましたが、給与から引き落としをせずに放っておきました。何か罰則はあるのでしょうか?

回答

市町村から特別徴収税額の通知を受けたにもかかわらず、徴収して納入すべき個人住民税の全部又は一部を納入しなかった特別徴収義務者は、地方税法第324条第3項の規定により、10年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金に処され、又は懲役及び罰金を併科されることがあります。
なお、納入しなかった金額が200万円を超える場合には、同条第4項の規定により、情状によって、その罰金額は200万円を超える額で納入しなかった金額以下の額にされることがあります。

お問い合わせ

財政局市民税課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎5階

電話番号:022-214-1009

ファクス:022-214-8613