現在位置ホーム > 市政情報 > 首都圏における仙台関連情報 > 仙台ゆかりの店 > Osteria Casa Yoshida Pasta Bar(オステリア カーサ ヨシダ パスタバー)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

Osteria Casa Yoshida Pasta Bar(オステリア カーサ ヨシダ パスタバー)

青山通りから1本入った裏路地に「オステリア カーサ ヨシダ パスタバー」があります。

まず目を奪われるのはお店の色。テーマカラーが「赤」ということで、外観、そしてオープンテラスから見渡せる店内、全てが赤を基調に統一されています。また、お店に一歩足を踏み入れると、さまざまな国のグッズがところ狭しと並び、異国情緒あふれる個性的でオシャレな空間がひろがります。

外観写真
特徴はなんといってもこの真っ赤な外観!

オーナーシェフの吉田宏介(よしだこうすけ)さんは仙台市泉区のご出身。
個性的なお店同様、吉田さん自身も料理人としては一風変わった経歴の持ち主で、銀座のフレンチレストランで料理人としてのキャリアをスタート。その後、オーストラリアとハワイのレストランで働き、バックパッカーとして10か国、シェフとして30か国を巡られたそうです。
そんな吉田さんが、自分の経験や自分らしさを一番表現できる食材として選んだのが「パスタ」。2009年に独立し「オステリア カーサ ヨシダ パスタバー」をオープンされました。世界各国の料理を食べ、多くの外国人シェフと一緒に働き、刺激を受けたという吉田さんの料理は、どれもクリエイティブに富んだ美味しい「作品」。中でも、ふるさと宮城をはじめ、東北の野菜、魚、肉などの食材を使った、いわば『東北イタリアン』とも言える料理の数々は特にオススメです。

料理の一例

料理写真1
宮城県産 赤ホヤとケッパーのペペロンチーノ レモン風味

料理写真2
宮城米のニョッキと生ハム ゴルゴンゾーラソース

料理写真3
宮城県産カキやアナゴ、魚介の東北漁師風ペスカトーレ

料理写真4
宮城県産エゴマ豚のビストロメンチ バルサミコと仙台みそソース

オーナーシェフからの一言 (吉田宏介氏)

吉田氏写真
「東北・仙台の食材を活かしたアレンジ料理を提供しています、ぜひ食べに来て下さい。宮城頑張ろう!」

店舗基本情報

【店名】
Osteria Casa Yoshida Pasta Bar (オステリア カーサ ヨシダ パスタバー)

【住所】
東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル1階

【電話番号】
03-6805-0940

※営業時間等詳細は、お店へ直接お問い合わせください。

お問い合わせ

総務局東京事務所

東京都千代田区平河町2-4-1日本都市センター会館9階

電話番号:03-3262-5765

ファクス:03-3262-4594