現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 都市開発 > 都市計画 > 都市計画のあらまし > 仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)

更新日:2021年6月2日

ここから本文です。

仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)

平成26年3月に仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)を下記のとおり作成しました。
計画本文は下記添付資料をご覧ください。

仙台市都市計画マスタープラン地域別構想の概要

本市では,平成24年3月に都市計画マスタープラン(全体構想)を策定し,これに基づき,地下鉄東西線や都市計画道路,土地利用等の都市計画を推進し,機能集約型市街地形成を進めております。全体構想では,都心や広域拠点(泉中央地区・長町地区)への都市機能集積と相互の分担・連携の重要性から,これら3地区の地域別構想の策定を位置づけております。この度策定しました地域別構想は全体構想とあわせて本市の都市計画マスタープランとして位置づけられるものであり,本市の都市計画決定の指針となるものです。本地域別構想では各地域特性を踏まえた「まちづくり方針(まちづくりの基本理念・目標)」を示し,まちづくりの適切な誘導を行ってまいります。

都心地区

都心地区は「杜の都」の愛称で親しまれている本市の中心に位置する藩政時代から続く中心市街地であり,行政,民間などの中枢的な機能が集中する,全体構想における都市づくりの目標(活力を高め豊かさを享受できる魅力的で暮らしやすい安全・安心な都市づくり)を実現する中心的な役割を担う地区です。そのため都心地区では下記の「基本理念」をふまえた,3つの目標を定めました。

基本理念:都市の健全な発展と東北の成長を牽引する都心地区の形成

目標1 広域的な交流人口拡大と都市機能の集積などによる活力と魅力の創出

方向1 東北の中枢都市にふさわしい多様な都市機能の集積
方向2 地下鉄東西線沿線の地域特性を生かした都市機能の集積
方向3 都心の利便性を享受でき歩いて暮らせる快適な都心居住の推進
方向4 市街地開発の促進などによる良好な都市基盤の整備,市街地環境の形成
方向5 便利で快適な交通環境の構築

図 まちづくり方針図(目標1)

都心地区 目標1

都心地区 目標1凡例

目標2 「杜の都」にふさわしい魅力的な都市空間の形成

方向6 「杜の都」を象徴する,緑と調和した美しい街並みの形成
方向7 道路,緑の拠点となる公園などの良好な公共空間の形成
方向8 地域との協働によるまちづくり

図 まちづくり方針図(目標2)

都心地区 目標2

都心地区 目標2凡例

目標3 災害時における都市機能維持や早期回復が可能な都市空間の形成

方向9 災害に強い都市基盤の構築,防災性の向上
方向10 広域的な来街者などの帰宅困難者対策の推進

図 まちづくり方針図(目標3)

都心地区 目標3

都心地区 目標3凡例

泉中央地区

泉中央地区は,仙台都市圏北部の活動を支える生活拠点であり,仙台都市圏北部と都心とを結ぶ重要な交通の拠点となっている地区です。そのため,都心地区との機能分担や連携を図りながら,様々な都市機能の集積によるまちの再構築や更なる賑わい創出のため,下記の「基本理念」をふまえた,3つの目標を定めました。

基本理念:多様なニーズに対応可能な成熟した広域拠点の再構築

目標1 成熟した広域拠点にふさわしい,都市機能の集積と交通環境による魅力の創出

方向1 北部広域拠点にふさわしい幅広いニーズに応える都市機能の集積
方向2 仙台都市圏北部の発展を見据えた交通結節機能の強化
方向3 広域拠点の利便性を享受できる快適な都市型居住の推進

目標2 地下鉄駅周辺の魅力ある賑わい・回遊空間の形成

方向4 円滑に移動可能な,良好な公共空間の形成
方向5 緑豊かで魅力ある街並みの形成
方向6 地域との協働によるまちづくり

目標3 災害に強く,地域の安全・安心を支える都市空間の形成

方向7 災害に強い都市基盤の構築,防災性の向上
方向8 来街者などの帰宅困難者対策の推進

図 まちづくり方針図(目標1,2,3)

泉中央地区 まちづくり方針図

泉中央地区 まちづくり方針図凡例

長町地区

長町地区は,仙台都市圏南部の活動を支える生活拠点であり,また仙台都市圏南部と都心を結ぶ重要な交通の拠点となっている地区です。そのため,都心地区との機能分担や連携を図りながら,2つの鉄道路線を有する利便性の高さを生かし,都市圏南部の賑わいエリアとして,商業・業務をはじめとした様々な都市機能の集積を進めるため,長町地区では下記の「基本理念」をふまえた,3つの目標を定めました。

基本理念:古くから続く既存市街地と新しい市街地の融合による,賑わう広域拠点の創造

目標1 新旧市街地が融合した都市機能の集積による魅力と個性の創出

方向1 あすと長町地区と既存市街地の都市機能が調和する都市空間の創出
方向2 あすと長町地区と既存市街地における地区特性に応じた土地利用の推進
方向3 鉄道駅の交通結節機能の強化
方向4 広域拠点の利便性を享受できる快適な都市型居住の推進

目標2 新旧市街地の連携などによる賑わい・回遊空間の形成

方向5 円滑に移動可能な,良好な公共空間の形成
方向6 緑豊かで魅力ある街並みの形成
方向7 地域との協働によるまちづくり

目標3 災害に強く,地域の安全・安心を支える都市空間の形成

方向8 災害に強い都市基盤の構築,防災性の向上
方向9 来街者などの帰宅困難者対策の推進

図 まちづくり方針図(目標1,2,3)

長町地区 まちづくり方針図

長町地区 まちづくり方針図凡例

今後の展開(市民協働のまちづくりに向けて)

本構想は,本市が東北を先導する都市の活力と魅力を高め,持続的に発展していくため,特に重要な地区である都心や広域拠点(泉中央地区・長町地区)について,本市が描く将来ビジョンを示したものです。
本構想の実現にあたっては言うまでもなく,市民の皆様の町内会などの地域団体やNPO,及び,事業者の皆様によるまちづくり活動が不可欠です。そのため,市民・事業者の皆様への情報提供に努めるとともに,ご意見やご提案を伺い,お互いの知恵や強みを生かしながら,一体的にまちづくりを推進する,市民協働のまちづくりを進めてまいります。

策定の経過

本方針策定にあたり,平成26年1月に素案を公表し,平成26年1月10日から平成26年2月10日まで市民意見の募集を行った結果11名(28件)の方からご意見をいただきました。
お寄せいただいたご意見と,それに対する本市の考え方は下記をご覧ください。

販売先

都市計画マスタープラン(地域別構想)は市政情報センター,区情報センターにて600円で販売しております。

仙台市都市計画マスタープラン地域別構想

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局都市計画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8294

ファクス:022-214-8300