現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 都市開発 > 都市計画 > 都市再生 > 都市再生整備計画について > 都市再生整備計画の公表(長町周辺地区(第2期))

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

都市再生整備計画の公表(長町周辺地区(第2期))

都市再生特別措置法第46条第1項の規定に基づき都市再生整備計画を作成したので、同条第17項の規定に基づき以下のとおり都市再生整備計画を公表します。

1.都市再生整備計画の名称

長町周辺地区(第2期)都市再生整備計画

2.都市再生整備計画の区域

仙台市太白区あすと長町一丁目、あすと長町二丁目、あすと長町三丁目、あすと長町四丁目の全部、郡山一丁目、郡山二丁目、諏訪町、長町一丁目、長町三丁目、長町五丁目、長町七丁目の各一部、長町六丁目の全部、長町南一丁目、長町南二丁目の全部、太子堂、八本松一丁目、八本松二丁目の各一部、富沢四丁目、大野田字イコタ、同字玉ノ檀、同字観音堂、同字北屋敷、同字皿屋敷、同字下古川、同字塚田、同字袋前、同字元袋、同字六反田、富沢字下ノ内、同字下ノ内浦、同字下ノ内前、同字前小路、同字山口の各一部。
大野田字五反田、同字千刈田、同字竹松、同字宮、同字宮脇の全部。

3.都市再生整備計画の面積

226ha

4.計画期間

平成21年度から平成26年度

5.都市再生整備計画の目標

地下鉄・JR沿線のアクセス利便性を高め、居住や商業業務機能など多様な都市機能が集積する複合型の拠点市街地を形成する。

  1. 地下鉄・JR沿線の利便性を活かし、都市的サービス機能と都市型住宅機能が集積した良好な市街地を形成する。
  2. 良好な住環境を形成するとともに交流と憩いの空間を創出する。
  3. 歩行者・自転車利用者の安全・快適な歩行空間を形成しアクセス性や回遊性の向上を図る。

6.都市再生整備計画の目標の達成状況に係る評価に関する事項

指標

従前値

目標値

地区内居住者数(人)

16,500(平成20年度)

18,000(平成26年度)

公園の利用者数(人/日)

0(平成20年度)

1,780(平成26年度)

通りの歩行者数(人/12h)

29,490(平成20年度)

36,500(平成26年度)

7.都市再生整備計画の目標を達成するために必要な事業に関する事項

名称

事業主体

規模

原町広岡線整備

仙台市

幅員25~27m、延長1,100m

太子堂自転車歩行者専用道路1号線整備

仙台市

幅員4m、延長15m

諏訪町太子堂1号線整備

仙台市

幅員6m、延長15m

富沢東大野田線整備

仙台市

幅員12m、延長36.2m

富沢四丁目塚田線整備

仙台市

延長33.5m

あすと長町中央公園整備

仙台市

面積1.7ha

富沢駅東4号公園整備

仙台市

面積0.19ha

富沢駅東1号公園整備

仙台市

面積0.18ha

富沢駅東5号公園整備

仙台市

面積0.21ha

富沢駅自転車等駐車場

仙台市

収容台数700台

富沢駅周辺(遺跡散策路情報板)

仙台市

16基

杜の広場(トイレ整備)整備

仙台市

1箇所

長町駅西口市民プラザ整備

仙台市

面積160平方メートル

あすと長町土地区画整理事業

都市再生機構

面積82.0ha

富沢駅周辺土地区画整理事業

仙台市

面積48.3ha

8.7.の事業と一体になってその効果を増大させるために必要な事務又は事業に関する事項

名称

事業主体

規模

事業効果検証調査

仙台市

-

大野田老人福祉センター、コミュニティ・センター、児童館建設

仙台市

延床面積1,944平方メートル

9.7.の事業に関連して実施される事業に関する事項

名称

事業主体

規模

あすと長町土地区画整理事業

都市再生機構

面積82.0ha

富沢駅周辺土地区画整理事業

仙台市

面積48.3ha

区域図・整備方針概要図・変更履歴・中間評価・事後評価原案・事後評価

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局市街地整備調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8311

ファクス:022-261-6375