現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 都市開発 > 都市計画 > 都市再生 > 都市再生整備計画について > 都市再生整備計画の公表(仙台港中野地区)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

都市再生整備計画の公表(仙台港中野地区)

都市再生特別措置法第46条第1項の規定に基づき都市再生整備計画を作成したので、同条第17項の規定に基づき以下のとおり都市再生整備計画を公表します。

1.都市再生整備計画の名称

仙台港中野地区都市再生整備計画

2.都市再生整備計画の区域

仙台市宮城野区中野・出花一丁目の一部。

3.都市再生整備計画の面積

231ha

4.計画期間

平成21年度から平成26年度

5.都市再生整備計画の目標

国際貿易港と連携する経済・交流拠点の形成を目指し、新たな機能集積に向けた都市基盤と広域交通基盤を形成する。

  1. 高速道路と地区の結節機能を強化し、交通・物流の円滑化を図る。
  2. 地区内の土地利用状況に沿った公園を整備し、利用者が快適で安全に楽しめる憩い・交流空間整備を図る。
  3. 魅力ある経済・交流拠点を形成するため、新たな機能集積を推進するとともに回遊性の向上を図る。

6.都市再生整備計画の目標の達成状況に係る評価に関する事項

指標

従前値

目標値

インターチェンジの
利用車台数(台/日)

0(平成20年度)

4,640(平成26年度)

通りの歩行者数
(人/日)

3,180(平成20年度)

3,600(平成26年度)

公園の利用者数
(人/日)

0(平成20年度)

1,780(平成26年度)

7.都市再生整備計画の目標を達成するために必要な事業に関する事項

名称

事業主体

規模

仙台港ICアクセス道

仙台市

A=8,660平方メートル

仙台港背後地1号公園

仙台市

A=1.2ha

仙台港背後地8号公園

仙台市

A=0.3ha

中野栄駅エレベータ設置(自由通路側)

仙台市

N=2基

8.7.の事業と一体となってその効果を増大させるために必要な事務又は事業に関する事項

名称

事業主体

規模

事業効果検証調査

仙台市

-

9.7.の事業に関連して実施される事業に関する事項

名称

事業主体

規模

土地区画整理事業(仙台港背後地)

宮城県

A=258.5ha

仙台港インターチェンジ

国土交通省

N=3箇所

水族館

民間

未定

中野栄駅エレベータ設置
(JR東日本施工分)

JR東日本

N=2基

区域図・整備方針概要図・変更履歴・中間評価・事後評価原案・事後評価

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局市街地整備調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8311

ファクス:022-261-6375