更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

子育てに関するあれこれ1

イライラ食事から・・・楽しい食事へ~ある日の支援室から~

Sさんアイコン,Hさんアイコン,Tさんアイコンは支援室を利用しているお母さんたちです。ある日の支援室での会話を掲載しました。

アイコンSさん

うちの子(女児)は1歳8か月なんですが,食事の時に,動き回りながら食べたり,気に入らないと「ペッ」と吐き出したりするんですよ。

アイコンHさん

私の一人目のときもそうだったわ。今考えるといつもイライラして,怖い顔で向きあっていたような気がします。その点,Tさんは,一人目なのに,楽しんでいるようですね。

アイコンTさん

そんなことないですよ。2歳過ぎたころから,会話もできるようになって,子どもの考えていることがわかるので楽になりましたが,それまではうちでも,やはり同じでしたね。

アイコンSさん

そうなんですか!だから,「そういう時期だ」とよくいわれるんですね。

アイコンHさん

「そういう時期だ」って言われてもね。先の見通しに実感がないから,小さいことでも「どうして,こんなことするの!」ってイライラしてしまったんですよね。

アイコンTさん

この子が赤ちゃんだった時は,抱っこする姿勢でグズグズされたりすると,イラついてちっとも優しくできなかったんです。人目があれば・・・ということでわざわざ公園に出かけていってミルクを飲ませたこともあります。(笑)

アイコンHさん

二人目になるとね,「こんな状態は長く続かない。いつかは上手に食べてくれるようになるものだ」と,少しはゆったり接することができるようになりましたね。上の子の時よりひどい状態でも,「まっいいか」と許したり,褒めたりできる自分がいるんです。

アイコンTさん

先の見えない孤独な育児では,Sさんのようにイラつくのは仕方がないんじゃないでしょうか。

アイコンHさん

やっぱりお母さんの笑顔が一番かな。たまにでいいから,頑張って笑顔を作ってみると,子どもにも自分にも良いんじゃないかな。

アイコンSさん

少し,先が見えてきたような気がします。自分の立場だけでなく子どもの立場から考えてみたいと思います。

戻るホームへ戻る進む

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427