更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

子育てに関するあれこれ8

「甘やかし」といわれて悩んでいます

(支援室に来所しているお母さんたちの質問に答えて)

アイコン支援室利用者

Q:
1歳5か月の女の子です。お正月に夫の実家に行った時,義母が弟の嫁に「あなたは子どもを突き放しすぎる。A子(私です)さんのようにもっと優しく相手をしてあげたりあそんであげたりした方がいい。」というような意味のことを言いました。すると義妹は「私は,できるだけ一人で遊んだり,自分のことは自分でできるような自立心のある子どもに育てたいと思っている。A子さんのように接したら,甘えっ子になってしまうのではないか。」と答えました。義母はそれで納得し,会話は終わったのですが,私は自分の子育てがこれでいいのかと不安になってしまいました。
その後,この子が「抱っこ」とせがんだり,側にいてといったりすると,イライラして「どうして甘えるの!」とつい拒否してしまいます。

アイコン支援室スタッフ

A:
要するにあなたの子育ては甘やかしだと思い,不安になっているわけですね。もうひとつは,その結果甘えっ子になるかもしれないと思っている。

アイコン支援室利用者

Q:
そうなんです。私は,子どもと遊んだりするのが好きで,抱っこも苦にならないんです。でも,それがいけないのかなと思ったりして・・・。

アイコン支援室スタッフ

A
根本的な問題は甘えっ子になってはいけないかということですね。多くのお母さんが「甘え」を嫌うけど,子どもは甘えるものなんですね。甘えたいという欲求がある程度満たされてから,自分で頑張れるようになるんですね。
次の問題はあなたのやっていることは決して甘やかしではなく,ごく普通の子育てだということですね。百歩譲ってそれが甘やかしだとしても,甘やかしが甘えっ子を作るというほど単純でもないですし。

アイコン支援室利用者

Q:
自立心を育てることにマイナスにはならないと考えていいということですか?

アイコン支援室スタッフ

A:
甘えるのも上手で,かつ,自分のことは自分でするという子どもでも良いんじゃないかな。今1歳5か月であることを考えると,いずれいろいろなことを一人でできたらほめてあげるということを,ていねいにやっていければ自立心については心配ないと思います。

アイコン支援室利用者

Q:
このままで良いということですか?イメージ

アイコン支援室スタッフ

A:
子育ての基本は,あなたがやりたいようにやるということだと思います。子どもと遊ぶのが好きというのは,お母さんとして一番大切なことなので大事にしてください。子どもも不安,あなたも楽しくないというような子育ては,いずれにせよ望ましいとはいえません。

戻るホームへ戻る進む

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427