更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

食事をおいしく楽しく! あずきがゆ

前に戻る次のメニューへ

1人分=約88キロカロリー 調理時間=約60分

あずきがゆ

毎年1月15日の小正月に小豆がゆ(あかつきがゆとも言う)を食べると、一年の邪気を払う、毒虫に刺されない、また、これを吹いて食べると稲の花が咲くころに大風が吹くなどの言い習わしがあります。
七草がゆと同様にあずきがゆを食べて、正月疲れの胃をいやす効能もあるようです。

栄養価 1人当たり

エネルギー 88Kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 0.3g
カルシウム 5mg
0.5mg
食物繊維 1.0g
塩分 0.2g

材料

1人分

20g
小豆 5g
少々

4人分

80g
小豆 20g

少々

作り方

  1. 小豆はたっぷりの水に入れて、火にかけ、煮立ったら湯を捨て、再度水を加えて煮立て、ときどきさし水をしながらやわらかくなるまで煮る。
  2. 米は炊く30分前に洗ってざるに上げ、水気をきる。
  3. 大きめの鍋に米と水を入れて、火にかけ、煮立ったらごく弱火にして40分から50分炊く。
  4. 炊きあがる寸前に1を加え、静かに混ぜて調味し、一煮立ちさせる。

ワンポイントアドバイス

宮城県では阿武隈丘陵を中心に1月15日の小正月に「小豆がゆ」を食べる風習があります。これは1月14日の夜につくり、あくる日の夜中の1時か2時ごろに無病息災を願って食べるものです。かゆ柱として焼いたもちを入れる場合もあります。

イメージ

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427