更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

食事をおいしく楽しく! 冬至かぼちゃ

前に戻る次のメニューへ

1人分=約75キロカロリー 調理時間=約50分

冬至かぼちゃ

冬至(毎年12月22日ころ)とは一年のうちで昼間の長さが一番短く、夜が一番長くなる日です。昔からこの日にかぼちゃを食べると風邪をひかないといいます。かぼちゃは他の野菜に比べて保存がきくので、昔は夏に収穫し、冬至まで大切にとっておきました。かぼちゃに含まれるカロテンには風邪をひきにくくする効果があります。保存野菜で栄養を補うという、昔の人の知恵が生きた料理です。
小豆とかぼちゃを別々に煮て、盛り付けの時に合わせるとまた違った仕上がりになります。市販のゆで小豆を使用する場合は砂糖の量を加減してください。

栄養価 1人当たり

エネルギー

75Kcal

たんぱく質

1.5g

脂質

0.2g

カルシウム

8mg

0.4mg

食物繊維

1.9g

塩分

0.1g

材料

1人分

かぼちゃ

40g

小豆

10g

だし汁

20g

砂糖

6g

うす口しょうゆ

少々

みりん

少々

少々

4人分

かぼちゃ

1/4個

小豆

40g

だし汁

80g

砂糖

24g

うす口しょうゆ

少々

みりん

少々

少々

作り方

  1. 小豆は前の晩から水につけておき、翌日鍋に入れ、水から煮て沸騰したら一度湯を捨て、さらにやわらかくなるまで、差し水をしながら煮る。
  2. かぼちゃは洗って種をとり、皮をところどころむいて、ひと口大に切る。
  3. 鍋にかぼちゃを並べ、分量のだし汁を入れて5分程煮る。
  4. 3に水気を切った小豆と、分量の砂糖、しょうゆ、みりん、塩を加えて、汁が少なくなるまで煮る。

ワンポイントアドバイス

かぼちゃを煮るときは、かきまぜずに静かに鍋をゆすって調味料をからめるようにすると、くずれずおいしく仕上がります。

イメージ

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427