現在位置 ホーム > 若林区トップページ > 安全・安心 > 安全安心街づくり活動推進モデル地区事業 > 平成30年度卸町地区安全安心街づくりの会 活動状況

若林区

更新日:2018年6月8日

ここから本文です。

平成30年度卸町地区安全安心街づくりの会 活動状況

安全安心街づくり活動推進モデル地区事業

若林区では、2年ごとに1つの連合町内会(※)を対象として、地域住民が安全で安心に暮らせる街づくりに積極的に取り組む「安全安心街づくり活動推進モデル地区事業」による活動を推進しています。

(※)・・・平成29年度・30年度は単位町内会エリアを対象

 

卸町地区安全安心街づくりの会

平成29年度から30年度は、卸町復興公営住宅及び卸商団地内の地域を安全安心街づくり活動推進モデル地区に指定し、「卸町地区安全安心街づくりの会」を結成、活動を展開しています。

もともとこの地域は、主に会社企業が建ち並んでいましたが、卸町復興公営住宅が建ち、居住者の生活空間が生まれたことで、新たなコミュニティが育まれようとしています。

この会では、町内会をはじめとする地域団体や組合を中心に、警察署や消防署、区役所などの行政機関が連携して、犯罪や交通事故を起こさない・起こしにくい環境、また、地震などの災害に強い地域づくりを目指すことを目的として様々な活動を行ってまいります。

 

平成30年度活動一覧

活動名称 実施日
自転車盗被害防止啓発活動

平成30年4月15日

 

自転車盗被害防止啓発活動

  • 日時:平成30年4月15日(日曜日)
  • 場所:サンフェスタ(若林区卸町2丁目)

昨年度開催された第2回全体会議において承認を受けた平成30年度年間活動計画に基づき、今年度最初の取組みとして「自転車盗被害防止啓発活動」が実施されました。

当日会場では「春の卸町ふれあい市」が開催され、多くの来場者が詰めかけて大変な賑わいでした。その中で、仙台東警察署、及び卸町交番の協力のもと、卸町地区安全安心街づくりの会会員により来場者に対し自転車盗防止のツーロック推奨の声掛けと啓発品の配布を行いました。今回予め用意した啓発品は500個でしたが、当初予定した時間よりも大幅に短い時間ですべてを配布することができました。

 

記念撮影の様子の写真  啓発品配布活動の様子の写真1

       記念撮影               配布活動の様子

 

啓発品配布活動の様子の写真2  啓発品配布活動の様子の写真3

   当日会場は大変な賑わいでした       あっという間に配布終了

 

 

お問い合わせ

若林区役所区民生活課

仙台市若林区保春院前丁3-1 若林区役所4階

電話番号:022-282-1111

ファクス:022-282-1152