現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 消防 > 消防用設備、建物の安全に関する公表 > 消火器や誘導標識はご自身で点検報告ができます

更新日:2018年4月20日

ここから本文です。

消火器や誘導標識はご自身で点検報告ができます

生命・身体・財産を守るため、点検・整備は欠かせません!

防火対象物(建物)には、消火器や自動火災報知設備等、各種の消防用設備等が設置されていますが、これらは平常時に使用することがないため、いざ火災が発生した時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを、日頃から確認しておくことが重要です。

そのため、消防法では、防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)に対し、設置されている消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防署長に報告することを義務付けています。

関係者の方の中には、設置している消防用設備等が消火器や誘導標識だけであるため、「依頼してまで点検するのは・・・」と点検報告をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、防火対象物の規模や用途によっては、ご自身で点検していただくことが可能なのです!

そこで今回は、比較的点検の容易な消火器と誘導標識に関して、ご自身で点検が可能な防火対象物かどうか、次の項目に沿って確認してみましょう!

確認手順

1.防火対象物の延面積は1,000平方メートル未満ですか?

 はい  → 2.へ進んでください。

 いいえ → 消防法令により、有資格者による点検が必要です。消防設備士又は消防設備点検資格者に点検を

      依頼しましょう!

2.階段が建物の内部に1つのみで、3階以上の階又は地階に特定用途(飲食店や物販店等不特定多数の者が出入りする用途)がありますか?

 はい  → 消防法令により、有資格者による点検が必要です。消防設備士又は消防設備点検資格者に点検を

      依頼しましょう!

 いいえ → 「3.消火器の点検について」、「4.誘導標識の点検について」へ進んでください。

3.消火器の点検について

(1) 設置してある消火器は製造年から3年(加圧式消火器)又は5年以内(蓄圧式消火器)ですか?

 はい  → (2)へ進んでください。

 いいえ → 専門的な知識及び道具を用いた点検が必要となります。確実な点検を行うためにも、消防設備士

      又は消防設備点検資格者に点検を依頼しましょう。

蓄圧式消火器

 

一般的な粉末消火器で、左図のように圧力ゲージがついているものは「蓄圧式消火器」、それ以外は「加圧式消火器」です。

 

(2) 外観において安全栓の封やホースと本体との接続部分に異常は見られませんか?

 はい  → ご自身で点検ができます!

 いいえ → 専門的な知識及び道具を用いた点検が必要となります。確実な点検を行うためにも、消防設備士

      又は消防設備点検資格者に点検を依頼しましょう。

安全栓

 

左図の青いシールが「安全栓の封」です。

この部分等に損傷等の異常がない場合には、ご自身で点検することができます。

 

 

 

 

 

 

4.誘導標識について

(1) 設置してある誘導標識は蓄光式ですか?

 はい  → 輝度計や照度計等が必要となることがありますので、消防設備士又は消防設備点検資格者に点検

      を依頼しましょう。

 いいえ → ご自身で点検ができます!

蓄光式誘導標識避難口誘導標識

通路誘導標識通路誘導標識

認定証票蓄光式の誘導標識には、写真のように認定証票が貼付されています。

点検から報告までの流れ

1 点検

消防用設備等の適切な設置や外見等について、目視又は簡単な操作により点検を実施します。

具体的な実施方法については、次の点検要領を参考にしてください。

参考資料

2 不良箇所の改修

点検の結果、不良箇所があれば、消防設備士又は消防設備点検資格者へ相談して不良箇所の修理や交換を行ってください。

3 点検結果報告書の作成

次の記載例を参考に、点検結果報告書及び点検票を作成します。

記載例
報告様式

4 点検結果の報告

(1) 各消防署の窓口にて報告する場合

建物を管轄する消防署、消防分署又は消防出張所(分からない場合はお近くの消防署へお問い合わせください。)に2部提出してください。

1部は控えとしてお返しいたします。

(2) 郵送又は信書便による場合

窓口にて報告することが困難な方は、郵送又は信書便により報告することが可能です。

点検結果報告書を2部作成していただき、1部を建物を管轄する消防署(分からない場合はお近くの消防署へお問い合わせください。)あてご送付ください。もう1部については、お手元に保管をお願いします。

報告いただいた内容に対して不備事項等がある場合には、報告到着後に担当消防署からご連絡させていただきますので、送付していただいく点検結果報告書の届出者電話番号の欄には、日中連絡の取れる連絡先を記入してください。

なお、到着までの間における紛失等のトラブルを防止するため、簡易書留郵便等到着状況が確認できる手段によりご送付をお願いします。

各消防署お問い合わせ先及び送付先
消防署 電話番号 郵便番号 住所
青葉消防署予防課指導係 022-234-1121 981-0914 青葉区堤通雨宮町2-15
宮城野消防署予防課指導係 022-284-9211 983-0036 宮城野区苦竹3-6-1
若林消防署予防課指導係 022-282-0119 984-0823 若林区遠見塚2-25-20
太白消防署予防課指導係 022-244-1119 982-0813 太白区山田北前町15-1
泉消防署予防課指導係 022-373-0119 981-3132 泉区将監4-4-1
宮城消防署予防係 022-392-8119 989-3126 青葉区落合2-15-1

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411