更新日:2020年3月19日

ここから本文です。

放火火災を防止しましょう

仙台市の傾向

火災・放火件数及び火災原因

市内で発生した火災のうち、「放火(放火の疑い含む)」は、全火災件数の17.7パーセントを占めています。40年連続で火災原因の第1位です。以下放火(放火の疑い含む)を放火と読みます。

平成31年(令和元年)中、火災原因の第1位は放火、第2位はたばこ、第3位はこんろとなっております。

 

放火の発生時期

放火は、季節、曜日、時間帯などに関係なく発生しております。

 

放火された場所と放火された物

放火の多くは、ごみ集積所、公園、空地、建物敷地内や外周の屋外で、ごみや紙類、枯草などに放火されている傾向があります。

 

放火されないための環境づくり

次の1~8のことに注意し、放火されないための環境づくりを心がけましょう。

1ゴミは収集日の朝に出す2家のまわりに燃えやすいものを置かない3物置などには必ずかぎをかける4家のまわりを明るくする5新聞などためないようにする6ボディーカバーは防炎製品を使いましょう7洗濯物を取り込みを忘れない8おとなりとの協力を

仙台市消防局では不特定多数が集まる場所への立入検査や管轄の消防署及び消防団による地域の巡回警戒を実施していますが、市民の皆さんも、もう一度家庭や地域、職場において、放火対策の再確認をお願いいたします。

下記の添付ファイルからチェックシートを印刷して、危険個所などのチェックをしてみましょう。
(チェックシートは総務省消防庁作成)

放火対策など火災予防について、相談されたいことがありましたら、最寄りの消防署までお問い合わせください。

 

放火火災防止用チェックシート及びチラシ

個人や地域、事業所で使えるチェックシートとチラシ

個人用(ご自宅の危険度をチェックし効果的な対策をしましょう)(PDF:158KB)

地域用(お住まいの地域の危険度をチェックし効果的な対策をしましょう)(PDF:168KB)

事業所用(お勤め先の危険度をチェックし効果的な対策をしましょう)(PDF:153KB)

放火防止チラシ(PDF:508KB)

関連リンク

消防施設(施設案内)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411