更新日:2021年3月11日

ここから本文です。

全力防火!「火の用心」タイムズ vol.2

 

2回目になります、全力防火!「火の用心」タイムズ。楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?各季節の「火の用心」に関する内容を、幅広く全力でお伝えしています。どうぞよろしくお願いいたします。

     tsukiyo

冬のの用心

kodomo_yukidaruma
 

今年も寒くなってきました。各家庭でも暖房器具を使っていると思います。冬は火を取り扱う機会が増えることに加え、空気が乾燥していることも相まって、私たち消防士の間では火災期とも言われるほど、火災が発生しやすい季節となっています。

年末年始などは特に火の取り扱いが多くなることと思います。穏やかに新年を迎えるためにも、火の用心は大切です。ということで、今回は「冬」に関する火の用心です。

ストーブのの用心

ストーブを使う機会の多くなる冬。ストーブの安全性は年々向上していますが、ストーブに関する火災は毎年発生しています。また電気ストーブは火を使わないために火災を連想されない方も多いかもしれませんが、燃えやすいものの近くで使うなど使用環境が悪いと火災の原因になってしまいますので火の用心。

火災を起こさないためには、

  1. 給油の際は必ず火を消し、カートリッジタンクのフタはしっかりと締めましょう。(カートリッジをストーブにセットする際に、フタが外れストーブに灯油がこぼれて火災になった事例があります。)
  2. 誤って灯油ではなくガソリンを給油したり、不良灯油を使用しないようにしましょう。(不良灯油=古くなって変質したり、不純物が混じったりした灯油。ストーブの異常燃焼の原因となることもあり火災になる可能性があります。)
  3. ストーブの近くには、衣類や布団、雑誌などの可燃物を置かないようにしましょう。また、洗濯物はストーブから離して干しましょう。(寝ている間にストーブに布団が触れて火災になったケースや、乾燥して軽くなった洗濯物がストーブからの上昇気流にあおられストーブ上に落ち火災になったケースもあります。)
  4. 電源プラグやコードの異常から火災になる場合もあります。時々点検してコードの折れや触れられないほどの発熱がある場合などはすぐ使用をやめて販売店に点検してもらいましょう。

        注意のマーク

石油ストーブとタンクに給油する画像

※ガス石油機器工業会サイト「石油ストーブの安全な使い方」(外部サイトへリンク)

カセットコンロの

それから寒い冬といえば鍋。いろんな種類があって美味しいですし、体も温まりますよね。鍋にはカセットコンロを使う方も多いのではないでしょうか?ここでも火の用心。

  1. 大きな鍋など、カセットコンロのボンベまで覆うような使い方をすると、ボンベが加熱されて爆発の危険性があります。(カセットコンロを二つ並べて鉄板などを載せるのも危険です。
  2. 電磁調理器(IH調理器)の上で使うのはやめましょう。(誤って電磁調理器(IH調理器)のスイッチが入りボンベが加熱され爆発した事例があります。)
  3. コンロ本体に指定されているボンベを使いましょう。(ガス漏れ、引火の危険があります。)
  4. 家具、壁、カーテンなどから離して使いましょう。
  5. ボンベはガスを使い切って捨てましょう。
カセットコンロと鍋の画像と注意マーク

※日本ガス石油機器工業会サイト「カセットこんろ・カセットボンベの安全な使い方」(外部サイトへリンク)

※カセットボンベの捨て方⇒ 仙台市「スプレー缶等の出し方が変わります!」

火災原因の紹介「投げ込みヒーター」による火災

今回ご紹介する火災は「投げ込みヒーター」による火災です。冬場になると、作業現場ではよく使われる器具で、電源さえあればバケツなどに入れた水を温めることができます。

非常に便利な器具ですが電熱部分がむき出しなので、わずかな不注意が火災の原因となってしまいます。

それでは投げ込みヒーターの空焚きによる出火の様子を再現した動画がありますのでご覧ください。

※動画制作「独立行政法人製品評価技術基盤機構nite(ナイト)」 

この火災ちょっとした用心で防ぐことができます。

  1. 空焚きを防ぐため、目の届く範囲で使いましょう。また、使わないときは電源を切ってください。(電源プラグを抜く。)
  2. 容器の溶融を避けるため、樹脂製容器ではなく金属製容器を使いましょう。
  3. 水に入れてから電源を入れましょう。
  4. 電源を切った直後は電熱部分が高温となっているため、十分に冷めるまで水中に入れておきましょう。

nagekomiheater

 

このほかにも火災事例を紹介しているページがありますので是非ご覧ください。

※仙台市「火災事例の紹介」

さあ皆さん、レッツ「火の用心」。

 

【全力防火!「火の用心」タイムズ 印刷用ファイル】(PDF:327KB)

※まさむね君の画像は「伊達家伯記念會」のご協力をいただいています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411