更新日:2020年11月26日

ここから本文です。

全力防火!「火の用心」タイムズ vol.1

今回から始まります全力防火!「火の用心」タイムズ。各季節の火災予防を中心に「火の用心」に関する内容を幅広く、全力でお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

夏のの用心

花火

花火とそれを眺める浴衣の女性

夏といえば、プール、かき氷、花火、お盆など、人それぞれ様々なものを思い浮かべると思います。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、仙台の夏のイベントの代表ともいえる仙台七夕花火祭が中止となりました。

こんな時だからこそ「自宅で花火!」という方も少なくないかもしれませんね。

皆さんご存じかもしれませんが、花火には火災やヤケドにつながる危険があります。楽しく花火をするためにも火の用心が大切です。

それでは、まずは家庭での花火の「火の用心」からです。

 

家庭での花火の「の用心」

最近ではいろんなお店で見かける「おもちゃ花火」ですが、実は皆さんが考えている以上に注意が必要なものです。

ということで、自宅で花火を楽しむためには「火災」と「ヤケド」にご用心。

火災を起こさないためには、

  1. 水バケツを用意。(使い終わった花火の火は消しましょう。)
  2. 建物から離れた、燃えるもののない広い場所で。
  3. 風の強い日は、花火はやめてほかの遊びを。
水を出すまさむね君

 

ヤケドをしないためには、

  1. 花火に書いている説明書きをよく読んで。
  2. 近くの人に火花があたらないように間隔をとる。
  3. 人に向けないようにする。また、手を伸ばし自分の体からしっかり離す。
  4. 点火したら素早く離れる。(打ち上げるタイプの花火など。)
  5. 不発でも決してのぞき込まない。(時間差で火が出ることがあります。)

 

花火がぶつかったまさむね君

 

そして花火で遊ぶときは、周りのことも考えて次のことにもご用心。

  1. 地域のルールやマナーを守りましょう。
  2. 音の出る花火は、迷惑にならないよう場所と時間に気をつけましょう。
  3. 遊んだ後はごみを持ち帰りましょう。

 

というのも、最近マナー違反の増加で「花火禁止」になってしまう場所も増えているそうです。周りの人のため、そして自分のために、マナーを守って花火を楽しみましょう。

SFマーク

花火はいろんなメーカーで作っていますが、「SFマーク」が付いた花火は、品質検査を受けており、花火自体の不備が原因での事故の場合、損害が賠償される場合があります。買うときに確認してみてください。

エスエフマーク

※公益社団法人 日本煙火協会

 

 

お線香とロウソクの

それからお盆。お線香だけでなく仏壇やお墓にロウソクを灯す方もいらっしゃると思います。どれも火を使っていますので、ここでも火の用心。

お線香やロウソクなどが原因となって火災になることもあります。次のことにご用心を。

  1. お線香立てやロウソクなどの周りに燃えやすいものを置かない。
  2. ロウソクの火をつけたままその場を離れない。
  3. ロウソク立ては不安定なものを使わない。
  4. ロウソクなどからの着衣着火に気をつける。

 

ろうそく

 

ごく稀なケースですが、これまで仏壇にお供えしたお線香が何らかの原因で座布団に落ち、火災(無炎燃焼※)に至ってしまったものがあります。お盆も火の用心です。

※無炎燃焼は、炎がない状態でじわじわ燃える火災で、座布団などに着火した場合、ちょっと水をかけたくらいでは消えません。一見、消えたように見えて十数時間後に出火した事例もあります。見つけた場合は119番まで通報のうえ、座布団などはお風呂などで長時間つけ込んで、しっかりと中まで水を浸透させてください。

 

火災って見たことありますか?

燃える住宅     駆け付ける消防車

 

ところで皆さん、火災を見たことはありますか?実際に火災現場を見たことのある方は多くはないのではないでしょうか。言葉ではすべてを伝えることが難しいのですが、火災はすべてのものを燃やし、それまでの暮らしや命さえも、ほんの数時間で奪っていきます。

私たち消防士は、火災のあと、つらい思いや悲しい思いをしている人を見てきました。そのような思いをする方がなくなるよう、火災の原因についてお伝えしますので、「火の用心」の参考にしてみてください。

火災原因の紹介「トラッキング火災」

火災のことを知っていただくために、火災原因を一つご紹介したいと思います。

今回紹介するのは「トラッキング火災」です。どのご家庭でも起こりうる身近な火災の一つといえるのではないでしょうか。

 

トラッキング火災とは、「コンセントと電化製品のプラグの間にたまったホコリが、空気中の湿気を帯びることでホコリに微弱電流が流れ、これを繰り返すことで炭化が進行、トラックと呼ばれる回路が形成されショートし出火する火災」です。

気づかない間に出火し、大きな火災になってしまうこともありますが、この火災、ちょっとした用心で防ぐことができます。

 

  1. 使わない電源プラグはコンセントから抜いておく。
  2. コンセントの周りはこまめに掃除する。
  3. トラッキング火災防止機能のあるプラグを使う。

コンセントから抜いたプラグ

nofireplug

それでは、トラッキング火災の出火の様子を再現した動画がありますのでご覧ください。

このほかにも火災事例を紹介しているページがありますので、是非ご覧ください。

『火災事例の紹介』へリンク

 

今回はトラッキング火災についてご紹介しましたが、次回は他の内容をご紹介したいと思います。

さあ皆さん、レッツ「の用心」。

 

【全力防火!「火の用心」タイムズvol.1 印刷用ファイル】(PDF:505KB)

※まさむね君の画像は「伊達家伯記念會」のご協力をいただいています。

 

 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411