更新日:2017年9月1日

ここから本文です。

家庭における火災予防

住宅火災発生状況

平成28年中に市内で発生した建物火災149件のうち、99件(約66パーセント)が住宅火災で、前年より2件増加しており、全体に占める住宅火災の割合も増加しています。

平成28年中に発生した建物火災内訳の表です。

高齢者の死者が多い傾向に

近年、市内における住宅火災による死者のうち、高齢者が半数以上を占めており、高い割合で推移しております。過去10年平均では61パーセントとなっており、今後さらなる高齢化の進展に伴い、住宅火災における高齢者の死者数の増加が懸念されます。

過去10年間の住宅火災による死者数を表した表です。

住宅火災の出火原因と出火箇所

平成28年中の出火原因内訳を示したグラフです。

出火原因は、こんろ、ストーブ、放火(疑い含む)の順で多く、これらは、過去5年間上位を占めています。

平成28年中の出火箇所内訳を表したグラフです。

出火箇所は、居室、台所が多く、全出火箇所の74パーセントを占めています。

いのちを守る7つのポイント!

いのちを守る7つのポイントをしめした図です。

ご自宅の確認を!

住宅用火災警報器は、音や音声で早期に火災を知らせるもので、仙台市火災予防条例により、すべての住宅に設置が義務付けられています。

あなたと家族を守るため、正しく設置しましょう。

定期的に作動確認を行い、設置後10年を目安に交換をおすすめします。

住宅用火災警報器を設置している様子を図示したものです。

(※)住宅用火災警報器に関するページもご覧ください。

住宅防火啓発チラシ等

住宅火災から「命」を守るために!(PDF:219KB)

住宅火災を防止する!(PDF:1,163KB)

我が家の防火安全度チェック表(PDF:359KB)

住宅防火・防災キャンペーンポスター(PDF:1,337KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411