更新日:2018年9月11日

ここから本文です。

家庭における火災予防

住宅火災発生状況

平成29年中に市内で発生した建物火災149件のうち、78件(52.3パーセント)が住宅火災で、前年より21件減少しており、全体に占める住宅火災の割合も減少しています。

高齢者の死者が多い傾向に

近年、市内における住宅火災による死者のうち、高齢者が半数以上を占めており、高い割合で推移しております。過去10年平均では約63パーセントとなっており、今後さらなる高齢化の進展に伴い、住宅火災における高齢者の死者数の増加が懸念されます。

住宅火災の出火原因と出火箇所

出火原因は、こんろ、放火(疑い含む)、たばこの順で多く、これらは、過去5年間上位を占めています。

出火箇所は、居室、台所が多く、全出火箇所の73パーセントを占めています。

いのちを守る7つのポイント!

 3つの習慣

  1. 寝たばこは、絶対やめましょう。
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用しましょう。
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消しましょう。

 4つの対策

  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。
  2. 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用しましょう。
  3. 火災を小さいうちに消すために住宅用消火器を設置しましょう。
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくりましょう。

(※)住宅用火災警報器に関するページもご覧ください。

住宅防火啓発チラシ等

住宅火災から「命」を守るために!(PDF:219KB)

住宅火災を防止する!(PDF:1,296KB)

我が家の防火安全度チェック表(PDF:359KB)

住宅防火・防災キャンペーンポスター(PDF:1,831KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411