現在位置ホーム > 市政情報 > 財政・計画・行財政改革 > 仙台ふるさと応援寄附 > 寄附金の使い道(保健福祉の推進)

更新日:2019年4月11日

ここから本文です。

寄附金の使い道(保健福祉の推進)

保健福祉の推進

障害者施策推進

仙台市は「一人ひとりが違いを認めあい、尊重しあい、支えあう、誰もが生きがいを感じられる共生の都をともにつくる」を目標に障害者施策に取り組んでおり、平成28年4月には障害を理由とする差別の解消を推進するための条例が施行されました。
いただいたご寄附は、障害のある方の暮らしの場・活動の場となる施設づくりや、障害者スポーツ支援などを通じた生きがいづくり、自立した生活を営むための就労支援、障害に対する市民理解促進などの推進に役立てさせていただきます。

【平成31年度の活用】
発達に不安を抱える未就学児や保護者を支援するため、児童発達支援センター1か所において、ペアレント・プログラムを活用した啓発や相談、幼稚園等との並行通園をモデル事業として実施するために役立てます。
また、障害理解を促進するため、地域における障害理解サポーターを養成するほか、東京パラリンピックに向けたシンポジウム等のイベントの実施により、障害者スポーツの理解促進に役立てます。
パラスポーツの写真

問い合わせ先
健康福祉局障害企画課
電話:022-214-8163
fuk005330@city.sendai.jp

高齢者施策推進

仙台市では、将来にわたって高齢者が安心して暮らすことができるよう、必要なサービスを着実に提供しながら、多様な地域資源の連携によって高齢者を支え続けるとともに、高齢者自らが、社会を支える存在であり続ける姿を目指して、生きがいづくりや介護予防、生活支援のためのサービスなど、様々な事業に取り組んでいます。
これら高齢者保健福祉事業の推進に寄付を活用させていただきます。

【平成31年度の活用】
仙台市高齢者生きがい健康祭ーシニアいきいきまつりー
(内容)
高齢者の“いきいき”した活動を多くの方に見て聞いて、知っていただく“まつり”です。高齢者が主体のサークルなどが、日頃の活動の成果をステージ上で発表したり、展示ブースで販売するなど、世代を問わず来場者と一緒に楽しめる内容です。
仙台市が進める高齢者の生きがいと健康づくりの活動や、介護予防への取り組みも紹介します。
高齢者生きがい健康祭写真

問い合わせ先
健康福祉局高齢企画課
電話:022-214-8167
fuk005130@city.sendai.jp

保健福祉推進

市民の方々誰もが住み慣れた地域で安心して自分らしい充実した生活を送ることができるまちの実現に向け、仙台市では各種保健福祉に関する事業に取り組んでおります。
社会情勢の変化による人と人とのつながりの希薄化や東日本大震災からの復興に向けた生活・健康課題等を踏まえ、地域の支え合いを促進する事業や健康寿命の延伸を目指す取り組み等を推進しています。

【平成31年度の活用】
災害時に通常の指定避難所での生活が困難な方(障害者、高齢者等)を受け入れる福祉避難所が円滑に運営できるよう、食料品等の備蓄に対して助成を行います。
保健福祉 写真

問い合わせ先
健康福祉局総務課
電話:022-214-8184
fuk005010@city.sendai.jp

 

仙台ふるさと応援寄附

お問い合わせ

財政局財政企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8111

ファクス:022-262-6709