八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 学習申込みのご案内

八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

ここから本文です。

学習申込みのご案内

八木山動物公園フジサキの杜では「動物園」を学びの場としてご利用いただけるように、さまざまなプログラムやツールを用意しています。
ここではその概要を紹介します。

  • 下記の「1」から「7」の項目をクリックすると、それぞれの詳細ページが表示されますので、すでに利用したいプログラムやツールが決まっている場合はこのリンクからお進みください(別画面が開きます)。
  • 初めてのお申し込みだったり、内容をご検討中の場合は、下方の各概要欄をご参照ください。概要欄のリンクからも詳細ページに進めます。

1.学習プログラム 小学生から大人まで幅広い年齢層向けプログラム

【対象:学校など団体入園者】

飼育員や獣医師からお話を聞くことができる、事前予約制のプログラムです。
「体」「環境」「命」「仕事」の4つのテーマに沿って、動物を観察しながら学べるプログラムや環境について考えるプログラム、キャリア教育要素を含んだプログラムなど、15のプログラムを用意しています。
子どもたちの興味や学校で実施している単元に合わせて、ご来園の際にぜひご活用ください。

学習プログラムを利用する(別画面が開きます)

2.団体ふれあい 動物に初めて出会う子どもたち向けプログラム

【対象:学校など団体入園者】

「ふれあいの丘」や「ふれあい館」で、動物とふれあうことができます。
動物たちに近づき、ふれあい、観察することで、「動物観」を育てることや相手の気持ちを考える思いやりの心を育むことを目的に行っています。
平日のみ実施しており、事前予約制です。必ず3日前までに電話連絡の上、ご予約ください。

団体ふれあいを利用する(別画面が開きます)

3.ワークシート 園内で子どもたちに観察の視点を与えるツール

【対象:どなたでも】

園内で利用できるワークシートです。
動物をただ見るだけでなく、じっくり観察することで、動物の行動や体躯の形、生態等について、新たな発見をしながら園内を探検することができます。
ワークシートは数種類ありますので、下記のリンク先からシートを選び、ダウンロードのうえ印刷してご利用ください。
遠足のほか、ご家族などで来園される場合にも、ぜひご活用ください。

ワークシートをダウンロードして利用する(別画面が開きます)

4.貸出キット 教室の授業で活用できるツール

【対象:学校教員】

教科書の単元に合わせて学校の授業で使用できる、学校教員向けの標本類のキットです。
骨や卵、糞などの標本と一緒に、単元に沿って授業ができるスライド等を用意しています。
課外学習で来園することが難しい場合などに、子どもたちのさらなる興味・関心を引き出すきっかけとして、当園の資料をご活用ください。

貸出キットを利用する(別画面が開きます)

5.おでかけ理科授業 理科の単元等に合わせた動物園の出張授業

【対象:小学校高学年】

飼育員が学校に伺って、小学校の理科の単元に合わせた授業を行うプログラムです。
動物園に保管されている標本類を実際に近くで見ながら、教室で学習ができます。

おでかけ理科授業を利用する(別画面が開きます)

6.ゾウ糞エコサイクル授業 自然界の循環を疑似体験できるプログラム

【対象:小学校高学年以上】

動物園のゾウの糞から作った堆肥で野菜を育て、収穫した野菜をゾウにあげるプログラムです。
体験型のプログラムを通して、自然界の循環を疑似体験することができます。

ゾウ糞エコサイクル授業を利用する(別画面が開きます)

7.キャリア教育プログラム 飼育実習プログラム

【対象:動物に関係する職業を志望する学生・生徒】

将来動物に関係する職業に携わりたいと考える生徒や学生(中学生から大学生)を対象とした飼育実習プログラムです。
飼育員や獣医師がどのような仕事をしているのか、実際に体験しながら学ぶことができます。

キャリア教育プログラムを利用する(別画面が開きます)

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1-43
電話番号:022-229-0122 ファクシミリ:022-229-3159